食物性アレルギーとは?

子供の「卵アレルギー」「小麦粉アレルギー」などが増えて、専用の給食メニューなども珍しくないですよね。それと同じことが犬にも起こります。本来、栄養となるはずの食べ物に免疫が反応し抗体をつくる「食物性アレルギー」を発症してしまうのです。

食物が原因で起こるアレルギーです

何が問題となるのかはまさに千差万別で厄介です。一般的には卵や牛乳などタンパク質が多いものやほうれん草、タケノコなどあくが強い野菜、パパイヤ、キウイなどの果実、スパイスなどが挙げられますが、詳しいことは解明されていません。また、同じ食物でも保存状態が悪いとアミノ酸が分解されて、アレルゲンとなるといわれています。

犬の食物性アレルギーはアレルギー全体の数パーセントといわれているので、決して多いわけではありません。しかし、このアレルギーを発症するということはアレルギー体質であるため、アトピーやノミアレルギーなどを併発する可能性が高くなるので注意が必要です。

顔面、耳や口まわりに痒みや赤い発疹が見られます

腰など全身に広がることもあります。痒みを感じてひっかいたり噛んだりするため脱毛や皮膚厚硬化へと悪化し、二次感染することも。皮膚以外にも発熱、下痢、嘔吐といった胃腸症状やくしゃみなど呼吸器症状が呈することもあります。

食物性アレルギーはいきなり全身に発症することはほぼなく、アレルゲン摂取後早い段階で発症しますが、しばらくすると治まります。このとき何の対処もせず変わらずに摂取していると、再発を繰り返して症状が全身に現れるようになります。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る