アレルギーの予防対策はありますか?

治療に時間がかかり、完治が難しいアレルギー疾患。少しでも早く症状を軽くするためには、初期段階のうちに診察を受けて治療を始めることが何よりの方法です。

人間は皮膚に強い痒みや発疹が現れば、まず病院に行こうと考えるでしょう。しかし、全身を被毛で覆われ、痒みを訴えることができない犬はそうはいきません。飼い主さんがいかに早く愛犬の異常に気づくかがポイントになります。

ボディチェックを欠かさない

早期発見のために、大切なのが日頃のボディチェックです。健康な状態を把握しているからこそ、何かあったとき「いつもと違う、ナンだろう?」という疑問を持つことができるというものです。目で見て、感触を確かめて、臭いをかぐ…と五感を使って愛犬の状態を常に把握することで、わずかな異常をも感じ取れるアンテナが立ちます。また、全身どこを触られても大人しくしていられることも重要です。診察をスムーズにするだけでなく、治療の幅を狭くせずに済みます。

では、実際にボディチェックはどうやればいいのでしょうか?特に難しく考える必要はなく、散歩から帰ったら丁寧にブラッシングをする、全身を撫でる、マッサージをして積極的にスキンシップをとる、自分でもシャンプーをするというだけでもOKです。ブラッシングと一緒に皮膚の状態を確認したり、マッサージをするときには皮膚の弾力や愛犬が痛がる場所、体臭の有無を確認しましょう。ひとつひとつは何でもないようなことでも日常的に続けていると、小さな発疹も「2、3日前にはなかったはず」と、違和感を覚えるものです。

ボディチェックをムリに行うのは逆効果

愛犬の健康のためだから…と嫌がっているのにムリに行うのは逆効果なので、やめましょう。ブラッシングを嫌がるのならマッサージだけ、もしくは優しく撫でることから始めて、体を触られることに少しずつ慣れさせていけば大丈夫です。わずかな時間でも大人しくできたら、褒めることをお忘れなく。

また、特に注意したいのは以下のようなことです。該当することがあれば、獣医師に相談しましょう。

  • 体をしきりになめる
  • よく足で体をかいている
  • 毛のツヤがなく、パサついてる
  • 眠りが浅いなど、睡眠不足

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る