アレルギー改善の為、食生活を見直した方が良いですか?

アレルギー疾患と食事は密接に関わっています。単に食物性アレルギーでアレルゲンとなる成分を避けるというだけでなく、ドッグフードやおやつの内容について把握し、本来の犬の姿と向き合うことは症状の緩和や予防にもつながります。

食生活を組み立てましょう

犬は元々肉などタンパク質をエネルギーにするのに適した体であり、本来は穀類などの炭水化物の消化・吸収は得意ではありません。現在の食生活は人間の都合にあわせてムリしているに過ぎないので、小麦などを多く含むドッグフードばかり与えていては何らかのトラブルが起こっても不思議ではありません。

ドッグフードに頼らず高タンパクである肉や魚を加えることを考えて、食生活を組み立てましょう。特に柴犬や秋田犬などの日本犬は魚のタンパク質が体に適しており、アレルギー以外にも認知障害予防にもなるといわれています。

獣医師と相談してみましょう

具体的に必要な栄養やカロリーなどは年齢、体型によって異なるので、固形食になった段階でかかりつけの獣医師と相談してみましょう。

アレルギーの好発性犬種やアレルギー体質、一定の年齢になったらアレルギー症状の緩和・予防が期待できる栄養素を意識的に摂取するのもオススメです。

主な栄養素

・グルタチオン
3つのアミノ酸でできており、動物、植物、微生物にいたるすべての生命体の細胞内に存在しています。「グルタチオンが作られなければ生きていくことができない」といわれるほど重要で、強い抗酸化作用、解毒作用、免疫正常化などさまざまな効果が期待できます。熱に弱く水溶性で、アスパラガス、かぼちゃ、じゃがいも、トマト、レバー(特に牛)、豚ヒレ肉、牛スネ肉などに含まれています。

・EPA、DHA
油脂を構成する必須脂肪酸で、体内で作ることはできないため食事での摂取が必要な成分です。抗炎症、免疫正常化、血管の柔軟性向上、精神安定の効果があるといわれています。主にいわし、まぐろ、さば、鮭、煮干しなどに多く含まれています。

・ビオチン
ビタミンB群の一種で補酵素です。エネルギー代謝のサポート、皮膚の正常化、ヒスタミン生成を阻止する効果があります。腸で作られているため整腸効果のある食物繊維や善玉菌、抗炎症効果があるビタミンC、E、ベータカロテンなどと併せて摂るとより効果的です。主に牛レバー、大豆、卵、玄米、ごまなどに多く含まれています。

アレルギーの問題や手作りが難しい場合はムリせず、サプリメントを上手に利用するのもいいですね。その場合はメインの食事をどういうものにして、何を補強すればいいのかを獣医師と相談のうえ与えるようにします。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る