アレルギー対策:運動をした方が良いですか?

運動は体にいい…すでに常識、もしくは一種の戒めにもなっているこの言葉ですが、実は何がどういいのかよくわからないという人も少なくないのでは。

適度な運動で免疫強化

運動がもたらすメリットは大きく3つあります。まずは血行促進や筋力・骨強化、脂肪燃焼などによる体作りです。筋肉が鍛えられれば、その分代謝も上がって太りにくくなり、運動の刺激によって骨は強化され骨折などのリスクを減らすことができます。次に酸素を多く取り込み余分な二酸化炭素を吐き出すことで新陳代謝の活性化と様々なホルモンの分泌による神経系の安定です。さらに適度な疲労感は快眠につながるため、寝ている間に心身のリセットできます。

そして、免疫機能の強化及び正常化です。運動後にはリンパ球や顆粒球などの免疫細胞の数が増えたり、活性化することがわかっています。定期的に運動していると病気やケガをしにくいのは、筋肉などの外側だけでなく内側の免疫機能をも強化している証しだといえます。

激しすぎる運動は逆効果です

いいこと尽くしのように思えますが、落とし穴もあります。激しすぎる運動はかえって体にダメージを与えます。運動したことで分泌されたストレスホルモンには免疫機能を低下させる傾向があり、筋肉への負担も重くなるので修復が間に合わず、ケガや故障を起こす要因にもなります。大事なのは適切な運動を行うことで、「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

適切な運動量については犬種や年齢、体型など個体差があるので一概にはいえませんが、以下のような運動後の様子を目安にするといいでしょう。

  • 運動が適切だった…ゆったりリラックスして落ちついている。
  • 運動が激しかった(多い)…ぐったり疲れている、もしくは興奮気味で走り回っている。
  • 運動が少なかった…イタズラをしたり吠えるなど騒がしい、もしくは無気力になっている。

運動=散歩と考えがちですが、屋内で遊ぶことやプールで遊ぶ、マッサージだって運動の一環になります。ムリせず、飼い主さんも一緒に楽しんで続けることが一番の予防対策です。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る