アレルギーから併発する病気はありますか?

アレルギー性皮膚炎から併発する病気があります。そういうリスクがあると知っていれば、予防や早期発見がしやすくなります。

外耳炎

まずは、アレルギー性皮膚炎を抱える犬の半数以上が併発するという「外耳炎」です。原因はダニなどの寄生虫感染が多いですが、免疫機能の低下やアレルギー性皮膚炎によっても起こります。

症状は外にさらされている耳の部分(外耳)の腫れ、耳垢がたまり異臭がする、痒みなどがあります。痒みから足で耳をかき、外耳の皮膚を傷つけることで炎症の拡大・慢性化すると、軟骨の変形や腫瘍、中耳炎、内耳炎にもなりかねません。

膿皮症

次に犬の皮膚病で最も多い「膿皮症」です。ブドウ球菌が毛穴や皮膚の傷から侵入し化膿する病気で、寄生虫感染や栄養不良、不衛生な環境、アレルギー性皮膚炎などの二次感染によって発症します。

皮膚の表面に感染し夏に増える「表在性」、角質層や毛包と毛包の間まで感染が進み子犬に多い「浅在性」、真皮まで達しており、シェパードに多い「深在性」などに分類されます。症状は皮膚が赤くなったり発疹がある程度ですが、強い痒みが生じるので噛む、なめる、ひっかくことによって皮膚の肥厚や脱毛を招きます。さらに感染が進むと化膿するため腫れや発熱を生じます。治療は薬用シャンプーと抗生物質の投与で行います。

脂漏症

そして、治りにくい「脂漏症」です。バリアとなるべき皮脂が正常に分泌されないことで発症します。皮脂の分泌が減少し、皮膚が乾く「乾性型」と、過剰分泌で皮膚が脂っぽくなる「脂性型」があります。

両方に共通している症状はフケがたくさん出ること、悪臭がする、皮膚の厚硬化です。発症の要因としては脂肪分やビタミン・ミネラル不足、内臓の異常、アレルギー性や寄生虫による皮膚炎などが考えられています。特に皮膚炎の治療でステロイド剤を長期使用していると膿皮症も併発することが多く、非常に治りにくいといわれています。治療はタイプに合ったシャンプーと原因に応じた飲み薬で行われます。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る