人間との視覚能力の違い

人間と犬の眼球の構造は似ていますが、網膜などに違いがあるため視覚能力も異なっています。犬にも得意、不得意な分野があります。

得意とするのは動体視力と全体視野、暗所での視力です

動いているものを感知する動体視力は人間の4倍ともいわれており、1.5km程度離れた場所で逃げている動物を素早く認識できます。これは元々犬が狩りをしていた本来持っている習性によるもので、逆に止まっているものは10mも離れると認識できなくなります。

全体視野は目のつき方によって異なりますが、200~280度はあります。人間が最大で180度だといわれているので、その違いは歴然としています。これも周囲を見渡して獲物や敵を素早く察知する、狩りのために備わった能力です。

そして人間と最も異なるのが、暗所でもよく見えることです。網膜の裏にタペタムという反射板があり、わずかな光を増幅して視力を維持します。その量は人間が必要とする光の3分の1程度あれば、ものを見ることができます

不得意なのは静止状態での視力、立体視野、色の識別です

視力自体は0.3程度といわれており10m以上離れると見えなくなりますが、近すぎてもよくわからないようです。公園などでボール遊びをしていて、すぐ側に落ちたボールを見失うのはこのためでしょう。

立体視野は両目で見る能力で、正面から立体的にとらえるもので人間は120度程ありますが、犬は80~100度しかありません。愛犬と向き合ったとき、飼い主さんは愛犬の顔をしっかり認識していますが、犬は飼い主さんの顔がぼんやりとしか見えていません。

最も不得意なのが色の識別です。人間の視神経は120万本ありますが、犬は約20万本しかありません。その中でも白黒(明暗)を区別する桿状体は人間の8倍あるのに対して、明るいところで色や形を見分ける錐状体は人間の6分の1~10分1程度しかなく、青と緑の2色識別です。犬にとって赤系の色はグレーに見えるといわれています。これは、元々、昼に果実や野菜などを主食とした霊長類と、夜行性で狩りをする肉食獣との違いです。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る