白内障にかかりやすい犬種は?

様々な要因で発症する白内障。加齢性のものはすべての犬種で発症する可能性がありますが、小型犬のほうが長生きをする分割合が多くなるようです。それ以外の二次的発症や栄養不足によるものも同様で、どの犬種がなりやすいということは一概にいえません。

先天性の白内障に限っては他の犬種と比べると発症率の高い犬種を挙げることができます。愛犬が該当としていたとしても必ずなるというわけではないので、定期的に眼科検診を受けるようにしましょう。

好発犬種(五十音順)

秋田犬、アメリカン・コッカー・スパニエル、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、キャバリア・キング・チャールズ、ゴールデン・レトリーバー、シーズー、柴犬、シベリアン・ハスキー、ジャーマン・シェパード、ジャック・ラッセル・テリア、

スタンダード・プードル、チワワ、トイ・プードル(被毛がグレー→ブラック→アプリコット→ホワイトの順)、ビーグル、ビション・フリーゼ、ボストン・テリア、ミニチュア・シュナウザー、ミニチュア・プードル、ラブラドール・レトリーバー、ワイアー・フォックス・テリアなど。

健診を受けましょう

上記の犬種じゃない場合でも、年に1回は眼も含めた全身の健診を受けるようにしましょう。はっきりとした原因がわかっていない白内障は予防する術がないも同然なので、早期発見が何よりも重要になります。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る