白内障と似た症状の核硬化症とは?

愛犬が6才以上のシニア期に入り目がにごっているのに気づくと、まず「白内障では?」と疑う飼い主さんも多いと思います。

しかし、目がにごっている=白内障とは限りません。核硬化症という病気も白内障と同じように水晶体がにごる症状が出ますが、似て非なるものなのです。実際、白内障を疑って診察に訪れたシニア犬の半数近くが、核硬化症である可能性が高いといわれています。

失明することはありません

核硬化症は、その名の通り水晶体の核が加齢によって圧縮されて硬くなった状態です。玉ねぎのように薄い層でできている核が圧縮されることで透過性が落ちるため、青白くにごって見えます。水晶体タンパク質の変質、不整化によって起こる白内障とはまったく異なり、軽度の視覚障害があったとしても失明することはまずありません。にごり方も、白内障は進行ステージによって真っ白になりますが、核硬化症は薄くにごる程度で真っ白というよりは青みを帯びているのが特徴です。

核硬化症の治療はというと、進行が非常に緩やかであり視力を奪われる恐れがないことから、経過観察にとどめるケースが多いようです。

だったら放置しても問題ないと思われるかもしれませんが、そうではありません。水晶体にトラブルが起こっていることは確かなので、白内障に進行するケースもありえます。油断していて、気づいたときには白内障も進んでいて治療できない…なんてことがないよう、定期検診を欠かさず、ものにぶつかることが増えたなど気になる行動があったらすぐ獣医師に相談しましょう。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る