ドッグフードの選び方

値段を指標にする

ドッグフードの販売価格は、見てみるとお分かりいただけると思いますが、まさにピンきり。どれを選べばいいのか、迷うところです。

最初に誤解が無いようにご説明させていただきますが、ここで言う「値段を指標にする」という話は、高いドッグフード=良いドッグフードという話ではありません。あくまでも「指標」なので、ご注意ください。

なぜなら、素材が良いものを安く売るのは難しいですが、粗悪な素材のものを使っていても、それを高値で売ることは、それほど難しくないからです。ただ、元々安く売られているものというのは、原材料も「それなり」ということではあります。

このような見解から、間違っても10キロ1000円台のドッグフードなどは、購入しない方がよいと、個人的には考えます。

成分表示を指標にする

これも値段同様、あくまでも「指標」です。成分表示は、残念ながらユーザーに良く見えるように工夫されています。

色々調べていくと、分かってくることなのですが、表現方法を変えたりして、素人には実情が分かりづらく表記されているのが現実です。

まず、犬は動物性蛋白質をメインに摂取することが理想です。ですがドッグフード、特に安価なものの中には、植物性蛋白質をメインに使っているものも時折見かけます。

ドッグフードの原材料というのは、成分表示に使用量の多い順に明記されています。ですので、肉類よりも野菜や穀物類の表記が前になっているものはNGです。

また、動物性蛋白質類がメインであると記載されていても、安価なドッグフードには4Dと呼ばれる肉が使われており、これは、死んだ動物や、病気の動物、障害のある動物の肉などの事を指します。

この肉は、人間の食用としては認められておらず、人間目線から見ると、「処分する肉」です。

それも、牛や豚や鶏などの肉ばかりではありません。殺処分された犬の肉まで使われているのが現状です。

有害物質について

実はペットフード安全法というものができて、有害とされる物質に対する規制が出来ました。しかしそれは、人間の食品安全法とはかけ離れた内容です。

使用量こそ規制されていますが、たとえば元来、ガソリン酸化防止剤で、発がん性物質でもあるBHA、同じく元来、石油酸化防止剤であるBHT、あの枯葉剤の成分として有名なエトキシンなどをドッグフードに入れること自体は、OKとされています。

成分表示を見て、これらの物質(このほかにもグリホサート、マラチオン、アフラトキシンB1、クロルピリホスメチルなど色々あります。)が含まれているドッグフードは、避けたほうが賢明ではないかと思います。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る