ワクチンの重要性を知らない

感染するとどうなるか

人間にも予防接種という方法で体に無毒化させたウィルスを注射で入れておき、そのウィルスに対する抵抗力を付けておく病気が数種類あり、結核など国や自治体が摂取を義務化しているものもあります。犬も同様で狂犬病は摂取必須ワクチンに行政から指定されています。

その他、犬がかかりやすい病気について混合ワクチンが何種類かありますが、副作用が出るからといって受けない飼い主も少なくないようです。

ドッグランやトリミング、ペットと一緒に宿泊できる施設などでは感染拡大を避けるために予防接種済みを証明する書類の提出を求められることもあるようですが、高速道路などのドッグランではそこまで厳格に管理していないというのが現状でしょう。もし1頭でもそこに病原菌を持ち込めば、接した犬がキャリアーとなって各地へ菌を散布するという話になります。感染したら子犬や老犬など体力が弱い犬は数日で亡くなることもある犬ジステンバーやアデノウィルス感染症などがあります。

また狂犬病の他にも人畜共通感染症がありますので、犬のみならず飼い主やその周囲の人間にまで感染する危険性をはらんでいます。成人であれば問題ないでしょうが、乳幼児であれば感染してしまったら大変な事態になります。飼い主になるのであれば、犬のことや自分の家族内のことだけでなく周りの人間に対する最低限の危険回避策を練るべきでしょう。

治療方法

多くの場合、下痢や嘔吐により失われた体内の水分を補給するために点滴をし、体内に残るウィルスを排除すべく抗生物質を飲ませます。ただし、感染症の中には決定的な治療薬が確立していない場合もあり、その際には水分補給だけになります。ウィルスと戦える体力があるかどうかだけがその犬の生命を維持できるかどうかということになってしまうのです。

ワクチン接種を拒む飼い主の中には、罹るかどうかも分からない病気のために毎年摂取するのに費用がかさむからという何とも自分勝手な言い分を言う人もいます。

罹ってしまった場合、ペット保険に加入していて且つその病気が保険でカバーされる対象である場合にのみ費用はあまりかからないでしょうが、そうでなければペットに健康保険はありませんから全額自己負担です。薬代から入院費用×入院日数ということになり、更に治るかどうか、後遺症は残らないかと言う保証はありません。

後遺症

ワクチンを受けないままでいると、危険である上に罹りやすいウィルスの一つである犬ジステンバーは運よく死を免れても、歯のエナメル質形成不全や失明もありますし、下痢や発熱といった峠を越して治ったと思ったら数ヵ月後に神経症状に後遺症が出ることもあります。

その場合は生涯どこかが麻痺しているというような身体的トラブルを抱えて過ごすことになるのです。老犬になると更に身体能力が低下しますので、飼い主は介護をしなくてはいけなくなることは言わずもがなでしょう。

獣医と相談する

初めて犬を飼い始めた飼い主にとっては、ワクチン接種をするべきか、いつどの種類を打つべきかなど、副作用も含めた詳細が知りたいところです。

ある程度の情報は昨今インターネット等で得られるようになりましたが、それでも信頼できる獣医師に直接話を聞くほうがより信頼度が高い情報と言えるでしょう。またかかりつけの獣医師であれば、体調管理や体の成長に合わせて適切なワクチンプログラムを組んでくれるはずです。

中には予防接種代を稼ごうという悪質な獣医師も居るようですが、人間の子供と一緒でワクチン無しで健やかに成犬させ飼い主も快適で楽しいペットライフを過ごすのは至難の業です。なぜならペットブームにより犬を飼う人が増え、頭数自体がUPしたことに加え、悪質なブリーダーやパピーミルのようなところから来る子犬は感染症トラブルを持ったまま販売ルートに乗りますから。

そして、何も知らない飼い主はそのまま散歩させたり他の犬と触れあったりさせます。感染源はいたるところにあると言っても過言ではない状況なのです。ウチの犬は健康だから大丈夫、ではなく潜伏期間なのかもしれません。専門家である獣医師に相談し、正しく病気を予防してこそ真の愛犬家と言えるのではないでしょうか。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る