しつけの重要性を知らない

しつけをされていない犬の問題点

よく知られる躾ができていない犬の問題は、家の人以外への迷惑になる行為です。無駄吠え、噛み付きなど大きなトラブルから散歩時のマナーなど外出の際の犬の行動などが代表例でしょう。

無駄吠えについては、飼い主に対する甘えからくる行動と何かしらに警戒心を抱いている怯えのような感情からくる行動に大きく分けられるらしいのですが原因を探すことは時間と工夫を飼い主が要しますので、犬に真剣に向き合わない飼い主では到底止めさせることが難しくなります。

噛み付きについても、仔犬のうちの甘噛みを放置し続け、犬の社会での順位付け行動に沿った間違った順位(飼い主や人間の家族が犬より下位)を意識付けしている可能性があります。無駄吠え、噛み付きとも体調不良からくる行動の場合にもよりますのでじっくりと犬を観察していないと原因は判りません。

散歩時のマナーについても、他の犬に吼えない、飛び掛らない、人間に向かって行く等、犬が好きな人ばかりでない外界でするにはまずい行動も飼い主にとっては「かわいい」子犬時代からの記憶のままで成犬になってもその行動を放置している人が多々います。犬だけでなく飼い主も外では見られています。TPOを考えた行動ができるようまず人間から意識改革が必要なのでしょう。

ペット先進国の例

ペット先進国、ドイツを例に挙げると躾においてまず重要なのが運動、次に規律、最後が愛情だそうで、日本ではまず愛情という飼い主が多い中、客観的に犬を愛玩ではなく相棒として暮らしていることが伺えるエピソードです。

またドイツでは生後半年までに7割が去勢・避妊手術済みということもあり(日本では全体の3割程度しか手術済みでない)、ホルモンバランスや発情のメカニズムに左右されることなく落ち着いてトレーニングが受けられるためリードなしでも生活できるような犬が多く育つのでしょう。

ドイツ以外の国でもヨーロッパで盛んなのが訓練学校です。犬だけで通うタイプ、飼い主も定期的に一緒に通うタイプ、トレーナーが家庭教師のような役割で個別もしくは少人数制で公園等で開催されるタイプがあるようです。日本では一般家庭の犬が訓練学校へ行くことは稀です。費用もかさみますし、それくらい飼い主が出来るだろう的な感覚があるからだと思いますが。

愛犬家がよく言うところのペット同伴が可能な場所増やしについては、犬がヨーロッパ並みにトレーニングされ、且つ社会が犬と共存できそうな環境にならないと不可能でしょう。犬を飼って快適に暮らすのであれば時間が無いという理由は躾ができない言い訳にはなりません。費用を払ってでも躾をきちんとし、せめて公共の場所では犬好きな人間ばかりではないことを飼い主は肝に命じて行動するべきです。

犬の幸せを考える

躾をするにあたり、どんなイメージがあるでしょう。日本ではご褒美主義が主流のようで、上手にできたらおやつがもらえるというような自宅トレーニングが多いようです。

しかし、犬の社会に置き換えて考えてみるとボスが食べ物のご褒美をくれることはありませんね。せいぜいスキンシップでしょう。犬を擬人化するあまり人間の子供と同じように怒る飼い主や、ペット同伴OKだからとテーブルに着席すると膝の上に座らせる飼い主も居ます。これも犬としては、人間社会の一員になった錯覚を覚える行為です。

家族として

家族として一員です、という飼い主の中には人間の食べ物をかわいさ余って与えてしまったり、寝食の場所を人間と共有したりする方もおられるようです。犬は確かに家族になり得ますが、決して人間界では生きていません。

犬の内臓に適した食事、自分の立ち位置(飼い主、人間より下位)を理解して生きていく方が彼らにとっても心身共に無理がなく楽なはずです。本当にかわいいと思って行動するのであれば、犬=動物ですから人間の子供のように扱わないことが日本の多くの愛犬家に必要な行動ではないでしょうか。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る