保健所に持ち込まれる理由

転勤など期間限定飼育

保健所に持ち込まれる犬たちの中には元飼い主の信じられない理由があり、その一つが転居で飼うことが難しくなった、というのがあります。

転勤や住み替えなどでペット禁止になったり大型犬であれば次の住居にスペースが無いなど。しかし、転勤が有る無しは犬を飼う前から大体想像がつくことですし、ペットが居るなら禁止の住居へ移ることは鼻から諦めるのが普通なのでは?大型犬を飼っているのであれば、もちろん想定した新居選びが必須でしょう。

また、カップルで犬を飼い始めたけれど子供ができたから犬が不要になったり、飼い主の方が年老いて犬の管理までできなくなったり、家族構成の変化による飼育放棄もあるようです。しかし子供ができることはカップルならいつかはある将来でしょうし、人間側も老化があることは承知の上でのペット飼育ではなかったのでしょうか。

子供ができたから犬を捨てるのではなく、一時的に預かってくれる人を探すなり、新しい飼い主を自力で見つけるなり、どうしても飼えなくなるのであれば保健所に行く前にすべきことがあるはずですが人間側の家族のことで頭がいっぱいになり考慮しなくなるのか、元々愛情がそこまで深くない人たちなのかは判りませんが。

そして歳をとってからペットを飼うことの重要性を認識していない飼い主にも非はあります。自分自身が要介護になるかもしれない可能性は十分誰でも等しくあるのです。ペットを長生きの道具として飼い始めたのでしょうか。暇つぶしでしょうか。

どの生物も寿命はだいたいはあるものの、いつかは判りません。人間の都合だけで期間限定にしてしまっているこの無責任な飼い主たちには最初から犬を飼育する権利など無いのです。

アレルギーを発症

ペットショップで見てかわいかったり、子供にねだられて飼い始めたら、家族の誰かがペットにアレルギーを発症することが判ったという理由もあります。

主にはペットから抜ける毛やそれに付いたダニなどに反応するようです。子供であれば成長段階の途中ですので、数年経てば治ることもあるようですが、発症したその時点で飼いはじめた犬の居場所は無くなっているというわけです。

このようなアレルギー反応を示す人には何らか他にアレルギーを持っていたり、体のどこかに弱い箇所があったりするものです。まずは自分が飼い続けることができるかを疑い、人間側がアレルギーがないか検査することも可能なのです。

発症してしまえば、ひどい時にだけ飲む薬などもあります。ただ、犬のためにどこまでできるかですが。そこでもやはりアレルギーを発症してしまったのは仕方ないとして、犬を保健所に連れて行く前にできることをすべきなのです。譲渡できる先を探すのはもちろん、飼い方を改善することでアレルギーを軽減できるかもしれません。獣医師や人間の医師にも相談してみて、アレルギーを抑え、共存していく道を探すべきでしょう。

業者の廃業

保健所を利用することが2013年の動物愛護法改正前から禁止されていたにも関わらず、ペットショップやブリーダーの廃業による持ち込みは後を絶ちません。

動物保護団体などに廃業前に知らされて保護活動をしてもらえることはそうあることではなく、もしあっても譲渡先が見つかるのは仔犬もしくは4~5歳が限度のようです。繁殖犬ともなれば8歳以上になるまでボロボロに使われてきており病気も多々抱えていますので、いくら愛犬家と言えども家での飼育は困難でしょう。

業者自身も廃業になる前に経営状況悪化が判りますから、そういった犬から数頭ずつ家で飼育していた風を装って保健所に持ち込んだり、急な倒産の場合は市民からの通報で保健所が動かざるを得なくなることもあります。

オーナーの無知

世話が大変、思ったより大きくなった、無駄吼えで近所迷惑などの理由から飼い主が飼育放棄をし保健所持込をする場合も多々あります。その裏には彼らの無知が大きく関わっているでしょう。

世話が大変というのは、犬種に対する知識が無さすぎ見た目だけで飼い始めたので運動量が要る犬種であったり躾が難しい犬種であった場合でしょう。大きくなりすぎたというのもその例で、街で見かける同じ犬種と飼っている犬が必ずしも同サイズとは限りません。純血種だとおおよその見当はつきますが、それでも違いはあるのと大きさを想定せずに飼い始めること自体が愚の骨頂と言わざるを得ません。

無駄吼えなど躾の範囲で何とかなる範囲でも、ただ単に面倒になったからでしょう、スクールに入れたり改善する余地を探さない飼い主が多いのです。

本だけでなくネットやブログといった様々な知識を得られるツールがある今日、情報を得ないままペットを飼う飼い主が「悪」なため保健所持ち込みが減らないのでしょう。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る