食事にひと工夫

ペットロス症候群と食事。一見、何の関係もないようにも見えますが、実はつながっています。医食同源という言葉があるように体は食べたものでできており、気持ちの安定を左右する神経だって例外じゃありません。いつもの食事をちょっと意識してみませんか。

具体的に何を摂取したらいいんでしょうか?

うつ状態と深く関わっているのがセロトニンという神経伝達物質で、精神を安定させる作用があります。このセロトニンは体内で作ることはできないため、食事で補うしかないのです。

セロトニンを作るためには、トリプトファン、ビタミンB6、ブドウ糖が必須で、マグネシウムもセロトニン生成に関係しているといわれています。

それぞれ含まれている食材は以下の通り。

  • トリプトファン…タンパク質に多く含まれ、特に納豆や豆腐など大豆製品、ひまわりの種やアーモンド、肉、赤身魚、乳製品など。植物性タンパク質のほうがセロトニンになりやすい。
  • ビタミンB6…タンパク質に多く含まれ、マグロなど赤身魚、赤身の牛肉、豚肉、レバー、にんにく、バナナ、豆類など。腸内で一部作られているため、不足しにくい。
  • ブドウ糖…炭水化物に多く含まれ、米や小麦などの穀類、いも類など。トリプトファンと一緒に摂ると、より多くのセロトニン生成ができる。
  • マグネシウム…海藻や魚介類、雑穀などに多く含まれ、マグネシウムが減少するとセロトニンも減少するといわれている。

これらの食材をバランスよく摂取するには、和食がオススメ。

炭水化物はご飯、お味噌汁でトリプトファン、かつおや豚肉の主菜でビタミンB6、副菜をわかめの酢の物にすればマグネシウム、冷奴でトリプトファンが1回の食事で摂取できちゃいます。ご飯を雑穀米に変えれば、マグネシウムを手軽に摂れますよね。

昼や夜はともかく、朝から和食は面倒という場合は、牛乳やヨーグルトなどの乳製品とバナナを意識して摂りましょう。オススメは海苔のチーズトーストにバナナのヨーグルト和え。パンで炭水化物、チーズとヨーグルトでトリプトファン、バナナでビタミンB6、海苔でマグネシウムが摂取できます。飲み物を牛乳かお味噌汁にすればさらに◎。パンとお味噌汁も意外と合いますよ。

こうした食材を必ず食べなきゃ!と思うとしんどくなって続きません。メニューを選ぶときにスープよりお味噌汁、白身魚より赤身魚、海藻を追加するなどちょっと意識するだけなら気軽にできます。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る