犬が亡くなった時は届け出を

生後91日以上の犬を飼う時は30日以内に市役所、町村役場、または保健所に登録の申請を行います。登録が受理されると鑑札、ステッカーが交付されます。また狂犬病予防注射を受けた後には狂犬病予防注射済票が交付されます。

犬が死亡した時は、これら登録に関する手続きを30日以内に行わなければなりません。

犬の死亡届を登録先に提出、その際、鑑札と注射済票も一緒に返還します。死亡届は所定の用紙があり、登録先で用意されているほか、自治体によってはHPからダウンロードできる場合があります。

鑑札と注射済票の返還が必要なため,電話のみでの抹消手続はできません。

死亡届に記載する内容は生年月日又は年齢、雄・雌どちらか、毛色、種類、登録年度、登録番号、死亡年月日などがあるので事前に調べておきましょう。

また自治体によっては死亡届そのものをネット上で提出するシステムを持っていることもあるので、飼い主が住んでいる地区の登録先で確認することをお勧めします。

※死亡届出書は各市町村によって異なりますのでお近くの市町村にご確認ください。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る