ペットの埋葬に特別な法律はない

飼っていた愛犬が死亡したら、届け出を出すと同時に火葬の準備もしなければなりません。自宅の所有地が広くて近隣に迷惑をかけないという条件があれば、土葬しても法律的に問題はありません。

ただし、土葬にする場合は掘った穴が浅いと死臭が漂いますし、他の動物が掘り起こす可能性もあります。最低でもお棺の高さプラス1mほどは掘り下げ、しっかりと土をかけてあげてください。

中型犬でも掘り起こされないほどの穴を掘るのは相当の作業です。しかも朽ちる遺体のことを想像してしまう人もいるでしょう。衛生面からも土葬より火葬をお勧めします。

ペット専門の出張火葬を利用する

火葬にする方法はいくつかあります。もっとも安価なのは市町村に遺体を引き取ってもらう方法です。

しかし、市町村の法律では動物の死体を「廃棄物」扱いにすることが定められており、市町村によって扱いは違いますが、個別に火葬してくれるところはほとんどなく、多くが合同火葬です。廃棄物扱いは法律上の問題で仕方ないとしても、自分の愛犬の遺骨が他の犬と一緒になるのがイヤな人、遺骨を持ち帰りたい人はペット葬儀を執り行っている業者に依頼しましょう。

かかりつけの動物病院には懇意にしているペット専門の火葬業者、ペット霊園が必ずあるので、火葬についてもかかりつけの獣医さんに相談すると適切な方法を教えてくれます。

霊園への埋葬まで考えず、火葬だけで済ませる場合、最近は出張火葬してくれる業者もあります。

バンタイプの特殊車両になっていて車両後部で火葬できる仕組みのため、近隣に迷惑かけることなく、また火葬場に出かける必要もなくペットを送り出すことができます。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る