亡くなった直後に自宅でやっておくこと

家族の一員として可愛がってきたペットとのお別れは、想像したくないほどツラいものです。できれば見送る日なんて迎えたくないですが、寿命が延びたとはいえ人間ほど長く生きられないのも事実で避けては通れません。

大切なペットとのお別れで後悔しないためには、その日がやってきたときに自分がやるべきことを知っておくのも、飼い主として大切なことといえるでしょう。

亡くなったら日の当たらない涼しい場所に安置してあげます

その際にはダンボールや木の箱などにいつも使っていた寝床を敷き、お気に入りのタオルでくるんであげましょう。亡くなり体温が下がるとノミが飛び出すこともあるので、部屋に飛び散るのを予防できます。タオルにノミ駆除成分があるスプレーを吹きかけておくと、安心です。

次に体を整えてあげます

亡くなってから2時間ほどで死後硬直が始まるので、その前に目や口を閉じて、手足が突っ張ってるようであれば、胸のほうに折って丸まって寝ているような体勢にしてあげます。難しく考えず、見慣れた寝姿をイメージすれば大丈夫です。

そして体をキレイにしてあげます

濡らしたタオルなどで顔や頭、体を優しくふいてあげましょう。亡くなったあと、排泄物が出ることもあるので肛門周辺もキレイにして、シーツを敷いておくのもオススメです。保冷剤をタオルにくるんで、頭やお腹を冷やしてあげます。

最後にお別れの準備をします

お花や好きだった食べ物、燃える素材のおもちゃを準備しておきましょう。愛用品は一緒に燃やせるように、金物やプラスチック、大きいものは避けて選びます。小さい祭壇を作り、お花とペットとの写真を飾って静かにお別れのときを待つような気持ちでいることが大切です。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る