亡くなったら市町村に届出が必要です

遺体を整えて安置したら、ペットによっては市町村に届出が必要になります。基本的に飼育するのに届出をしなくてはいけない犬が亡くなった場合に行いますが、ペットとして飼われることがない鷲や鷹などの特定動物に指定された動物が亡くなった場合も都道府県で指定された条例による手続きが必要です。

しかし、これはかなりレアケースなので、飼い犬が亡くなった場合、どういう手続きをするのか?を紹介します。

死亡してから30日以内に飼い主かその家族が、登録している市区町村の役場に届けを出さなくてはいけません。

届け出に必要なもの

届け出に必要なものは、楕円形の金属プレートの犬鑑札、四角い金属プレートの狂犬病予防注射済票、死亡届です。死亡届は役場のホームページからダウンロードできることが多いので、チェックしましょう。犬鑑札がない場合には犬鑑札紛失届を添付することもあるので、確認が必要です。

本来は返却するべき鑑札や狂犬病予防注射済票ですが、いつも身につけていたものだからこそ思い出の品として手元に残しておきたいという人は、窓口などで相談してみるのもいいでしょう。注射済票ならいいですよということもあるかもしれません。もちろん、決まりなので返却してくださいといわれることは覚悟した上での相談です。

死亡届は市区町村の用紙によって若干異なりますが、登録した犬の生年月日又は年令、性別、毛色、種類、登録年度、登録番号、死亡年月日は必須項目です。記入間違いがないよう、必要な書類などをあらかじめ準備しておくといいですね。

やり方がよくわからなかったり、不安な場合は窓口に行って手続きをした方が安心です。郵送手続きに対応しているところもあるので、忙しくて時間が取れない人は不備がないかよく確認した上で利用しましょう。電子申請を利用する場合でも、鑑札などの返却物は郵送しなくてはいけないので、注意してください。

血統書のある犬を飼っていた場合には、役所への届出とは別に登録団体に連絡をして、血統書の返却などの手続きを行うことになります。手順や必要なものについては、それぞれの団体に確認すればわかるのでご心配なく。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る