火葬はどこに頼むの?

ひと昔前まではペットが亡くなったら庭などに埋葬するのが主流でしたが、現在は人間同様、火葬にするのが多いようです。

実際に火葬をするにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは自治体のものを利用するか民間の業者にお願いするか決めます。自治体の火葬は料金が安く済みますが、一般廃棄物と一緒に焼却され遺骨の持ち帰りができないこともあります。

しかし、自治体によっては専用の動物炉があり、個別火葬をして遺骨も引き取れる場合があるので、一度相談してみましょう。

民間業者で火葬を行う場合、どういう火葬にするかを決めます。

一番料金が安いのは合同火葬です。他のペットと一緒に行うため個別に遺骨を持ち帰れません。猫や小型犬などで約1万円~、大型犬で約2万円~が相場なようです。

次に料金はかかるけれど、遺骨が引き取れる個別火葬です。各ペットごとに火葬するので遺骨を持ち帰れます。一度、業者に預けて火葬してもらい、後日遺骨を受け取るという方法です。猫や小型犬で約3万円~、大型犬で約4万円~が相場なようです。

最も料金がかかるけれど、最後まで見送れる立会い火葬もあります。人間と同じ火葬法で、その場で遺骨を引き取れるので安心です。しかし、個別火葬に1万円程度の立会い料が加算されます。

火葬場に運ぶ方法

火葬場に運ぶ方法もいくつかあるので、検討材料にしましょう。

・霊園や火葬業者を決めて、自分で持ち込む。

ペットが比較的小さい、車がある、火葬場が近い場合にはオススメです。

・専用の搬送車で迎えに来てもらい、火葬場まで運んでもらう。

大きい動物で運ぶのが困難、火葬場が遠い、車がない場合にはお願いした方がいいでしょう。

・移動火葬車に来てもらい、自宅付近で火葬をする。

車内に火葬炉を積んだ車が出張し十分なスペースがある場合は自宅付近、もしくは別の場所に移動して火葬を行います。ペットの大きさに制限があるので事前の確認が必要です。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る