自宅葬と霊園葬の違い

火葬を終えたら、いよいよペットとのお別れである葬儀をとりおこないます。方法としては自宅で行う自宅葬とペット霊園で行う霊園葬に大きく分けられます。

しかし、自治体やペット霊園を問わず、合同火葬の場合は遺骨を持ち帰ることはできません。必然的に合同墓地に埋葬されるため、慰霊碑に手を合わせることになります。

人間の意識としては違和感を覚えるかもしれませんが、同じく家族の一員として可愛がられたであろう他のペットたちと共に埋葬されるので、さみしくないという見方もできます。

個別火葬によって遺骨を持ち帰った場合には、自宅葬にするのか霊園葬にするのか選びます。

自宅葬を行うのに決まりはありません。小さな祭壇を作り持ち帰った遺骨とお花、ペットの写真などを飾り、家族や親しかった人と死を悼むだけでも構いません。

自宅といえども厳かな葬儀をやってあげたい場合には業者に依頼することも可能です。内容や料金は業者によって異なるので、2、3社見積もりを作成してもらった方がいいでしょう。

霊園で火葬をした場合には葬儀も行わなくてはいけないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、自宅葬を行った後、初七日や四十九日を区切りに改めて霊園に埋葬するケースも多いようです。

霊園葬の場合、ホールなどのスペースで思い出を振り返る儀式や僧侶による読経を行います。すべて専門スタッフが行ってくれますので、安心して見送ることに専念できます。葬儀の内容は各霊園やプランによって異なるので、事前によく確認しておくことが大切です。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る