自宅でのいろんな供養法

個別火葬で遺骨を持ち帰れた場合、どこに埋葬してどういう供養をするかということも考える必要があります。

小鳥やハムスターなどの小さい動物であれば、自分の敷地内に埋葬をして常に見守るというのもアリです。しかし、犬や猫、フェレット程度の大きさがある動物はかなり深い穴を掘らなくてはならないため、避けた方が無難です。近所の公園など別の土地に埋葬するのはもってのほか。

敷地内に埋葬しなくても、自宅供養は行えます。ペットは人間ほど規制が厳しくないので、遺骨を埋葬せず手元に置いたり、霊園に埋葬する分と手元に置く分とわけることも可能です。

自宅で供養する場合には、ペット用のミニ祭壇を作り骨壷、写真、お花などを飾っておくのが一般的でしょう。骨壷だと場所を取ってしまう場合は、遺骨をパウダー状にして小さい骨壷に納めるという方法もあります。

家に祭壇を作るのに抵抗がある人は

祭壇コーナーを作ることに抵抗がある人は、パウダー状にした遺骨を庭やプランターに散骨して、花などを植えるというのもオススメです。いわば自宅で樹木葬を行うようなもので、プランターなら庭がない集合住宅でも実現できます。

一周忌を迎えるまでは祭壇を作り、少し落ちついてきたら樹木葬にするというように時とともに変化させるのもいいですね。キレイな花が咲けば、亡きペットの存在を感じて慰められるでしょう。

自分に合った霊園が見つからないときは、すぐに決めようとせず自宅で供養しながら気長に探すというのもいいと思います。納得のいく方法で供養してあげることが大切です。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る