鍼(はり)治療のメリットは何ですか?

はり治療のメリットその壱

「効果がすぐに目に見える」ことです。

腰が痛くて鳴いて困っているワンちゃんがいました。お薬も注射も効きません。インターネットで調べて、遠方から鍼治療に来てくれました。

鍼治療初日。家に帰ると既に全く痛みが無い。動きの悪かった左足も、二回目の診察の時にはピンピンしていました。

極端な例ですが、効果がわかりやすいのが鍼治療の良い所です。効くか効かないか。数回の治療で判断しています。

はり治療のメリットその弐

「慣れると気持ち良さそう」

鍼治療の間ニコニコ笑っている子。いつの間にか眠ってしまう子。何やら気持ち良いようです。

そんな姿を見ていると、飼い主さんもリラックス。他の治療では見られない光景です。

はり治療のメリットその参

薬が飲めない動物でも大丈夫。

体質的に薬を飲むと吐いてしまう、下痢してしまう。そんな動物にも治療が出来るのが鍼治療です。

私の病院へ鍼治療にいらっしゃる方の希望で一番多いのが、「手術を避けたい」です。特に椎間板ヘルニアですね。

症状の進行が急でなければ、まず鍼治療をしてみる。良くなってしまえば麻酔でドキドキしなくて済みますよね。

そして重要なこと。病気になってしまった「根っこ」体質的に弱い所を治療できます。

椎間板ヘルニアの例をあげますと、一般的に五臓六腑の「腎」ー(西洋医学の腎臓ではないのでご注意を)が、生まれつき弱いことが多いです。

ヘルニアの治療をして改善がみられてきたら、だんだん腎を強化するツボを加えながら治療していきます。すると再発しにくくなるわけです。

気になった方は鍼治療が合っているかどうか、獣医さんに相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中西 遵

中西 遵広島県廿日市市 あじな動物病院 院長

投稿者プロフィール

動物のために漢方治療を始めたのは、ボロボロだった妻が漢方医の「風間先生」のおかげで元気になったことでした。私の慢性胃炎と口内炎も、先生の煎じ薬でキレイさっぱり。
それからは動物のために漢方・鍼治療・食事・・・できることが無いか日々精進。

広島県廿日市市 あじな動物病院のページへ

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ここを読んでおられる方の中には、もう長いことワンちゃんの外耳道炎でお悩みの方もいらっしゃると思います…
  2. 「ワンちゃんに耳掃除をしてあげた方がいいのかな?耳垢が溜まるかもしれないし、放っておくとバイキンが繁…
  3. あなたは、ダイエットというとどんな方法を思い浮かべますか?運動でしょうか?食事制限でしょうか?あるい…
  4. 結論から言いますと、サプリメントは活用すると良い場合もありますが、無駄になるだけの場合も多いと思いま…
  5. 意外と飼っているワンちゃんのお口の健康を、あまり気にしない飼い主さんが多いのですが、昔から歯は健康の…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る