毎日、体温を測ろう

体温は毎日の健康を教えてくれる

人間は体熱が上がれば頭が痛いとか熱がある、と言って異常を知らせることができますし、熱を下げようとして発汗させ、体温の調節を行う機能が働きます。

しかし犬は意思表示ができても口が聞けるわけではなく、また汗をかいて体温調節をすることもできません。老犬になったら体調管理のために、毎日、体温を計るように務めてください。

犬の体温の測り方は通常、肛門に体温計を差し込んで直腸の温度を測ります。ペット用体温計が売られているのでそれを使いましょう。

衛生面の心配もあるので、体温計の差し込む部分へ被せる使い捨てのカバーを用意するか、キッチンで使うラップを巻いてから測るようにしましょう。

犬の体温は37.5〜39度ぐらいが平均値。人間の平熱より少し高い程度です。小型犬より大型犬の方が若干、体温が低くなりますが、やはり個体差があるので、元気な時に平熱を確認しておき、その平熱を基準として測ると病気の発見につながります。

なお、耳用の体温計もありますが、耳用は若干、温度が高く表示されるものがあります。肛門用と耳用を併用すると温度差が出る可能性があるので、両方の体温計を使うなら両方で平熱を調べてください。

呼吸や脈拍も大切な情報

毎日、体温を測れるようになったら、ついでに呼吸数や脈拍も調べておくと、より正確な健康管理につながります。

脈拍は小型犬の場合は1分間に60〜120回、大型犬は60〜80回。呼吸数は1分間に小型犬が20〜30回、大型犬は10〜15回が平均です。こちらも個体差があるので、元気な時に基準値を採っておきます。

脈拍を測る場所は心臓でも構いませんが、太ももの内側に動脈があるので、その動脈の上に指を2〜3本乗せて測る方が比較的分かりやすいはず。呼吸の測定は吸って吐く、これが1回となります。

体温を定期的に測るためには体温計を慣らすことから始めましょう。嫌がる犬の体温を測ると興奮して脈拍が早くなったり呼吸も荒くなります。できるだけリラックスした状態で基準値を定めるようにしてください。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 体の変化

    犬の場合、個体差および犬種差がありますが、大体7歳ぐらい…

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る