夜鳴きについて

犬の認知症において、飼い主が一番困ってしまうのは、昼夜逆転の生活になってしまった上ではじまる夜鳴きです。夜だけではなく、寝ている時間以外ずっと、コンスタントな間隔で鳴き続けるワンちゃんもいます。

毎日の事だけに、夜鳴きが原因で、安楽死を考える飼い主の方も、珍しくはない話です。状況が深刻な場合、安楽死をいたしかたがなく促す獣医師もいるほどです。

でも、犬は大切な家族。老犬になるまで長い間、一緒に過ごしてきたのです。できれば、安楽死だけは避けたいところでしょう。そのためにはやはり、夜鳴きに対する対策を講じなければなりません。夜鳴き対策は、どのようにしていけばいいでしょうか?

昼間に寝かさないように工夫する

認知症の犬は、昼夜逆転してしまいがちと、最初から分かっているのですから、昼夜逆転しないようにしていく事で、自ずと夜寝るようになり、夜鳴きを最小限に留める事ができます。

寝たきりになってしまった場合は、なかなか難しいですが、体が動くうちは日中散歩に率先して出るようにするなど、起きていられる環境を作りだし、体を動かし適度な疲労感を与え、夜に熟睡できるように導きます。お散歩が厳しい場合も、室内でおもちゃで遊んだり、芸をさせたりと、昼間の時間を活動的に過ごす工夫をしていきましょう。

とは言っても、仕事などがあり日中、家が無人状態というおうちもあることでしょう。このような時は、ドッグデイケアなどを有効に使って、ワンちゃんが日中寝てしまわないように、更には、色々な人や他のワンちゃんと交流できるように工夫していきましょう。今は、老犬専用のドッグデイケアも存在します。

ただし、ドッグデイケアはやはり毎日の事となりますから、かなりの費用が嵩みます。日中人間が不在の状態で犬を飼う場合、このような老後にかかってくる費用についても、事前に認識しておく事が重要かと考えます。

飼い主が添い寝する

昼夜逆転しないような努力をしたとしても、完璧に夜寝るようになるかというと、そうでもない場合もあります。老化に伴って細切れ睡眠になり、夜中や朝方にちょくちょく起きて、同時に夜鳴きを始める犬も少なくありません。

このようなケースの場合、飼い主がワンちゃんと添い寝をしてみてあげてください。認知症のワンちゃんは、夜だけでなく昼間だって鳴き続けることが多いです。「ではなぜ、鳴き続けるのか?」を紐解いていくと、認知症が原因で赤ちゃん帰りならぬ子犬返りしてしまっているというケースがあるのです。

中身は子犬と思うと、鳴き続ける理由が何となく分かる気がしませんか?一匹(頭)でいるのは寂しく怖いのです。自分を守ってくれる存在が傍にいないので、不安と恐怖で鳴いてしまうのです。

もちろん夜鳴きの原因は、子犬返りだけではありませんが、これが理由の大半を占めているワンちゃんの場合は、飼い主が添い寝してあげることで、夜鳴きが治まることも、少なくありません。

添い寝が難しい環境や、大きさの犬の場合も、できるだけ人間の傍に寝床を作って、家族の存在感を感じられる空間を作ってあげましょう。飼い主のにおいを感じ、その存在を見ることができるだけで、夜鳴きも最小限にできるかもしれません。

老犬ホームにお世話になる

今、犬の高齢化に伴い、老人ホームの犬バージョン「老犬ホーム」というものが、全国に増えてきています。

老犬ホームの多くは、認知症などの夜鳴き問題をクリアできるよう、自然豊かな場所に作られ、ご近所迷惑も気にしないで、ワンちゃんが生活できる環境を用意しています。もちろん、日中は活動的に過ごし、昼夜逆転してしまいがちな生活も極力避ける努力をしています。

もちろんできる限りは、家族として一緒に過ごしていただきたいと願っています。ですが人間の介護同様、日々の夜鳴きで家族全員で倒れてしまうような状況下になってしまうよりは、老犬ホームでお互いに有意義な毎日を過ごすのも一つの手段です。

薬を服用する・声帯を取る手術を行う

色々な努力をしてきたが、夜鳴きは一向に治まらない。日中は仕事が合って犬の面倒が見れない、しかし年間何十万円、下手すると100万円以上の費用がかかるドッグデイケアにお世話になる予算もない。だからといって、老犬ホームは遠すぎて預けても会いにいけない…。

このような場合、獣医師に相談すると、催眠鎮静剤や抗不安剤などを処方してくれる場合があります。このような薬を飲む事で、夜寝るようになるワンちゃんもいます。

ただこのような薬はすぐに効かなくなります。更には、認知症の進行という面を考えるならば、服用はあまりお勧めできません。

また本当に最終手段ですが、「声帯を取る手術を受ける」という方法があります。ただしこれは、かなり反対の意見が多い手段でもあり、獣医師の間でも、「声帯を取る手術はしません。」という方も多いです。

この手術は、完全に無声になるわけではありません。鳴き声がかすれる様な感じで、響かなくなります。

また、老体に手術というリスクを負ったのにも関わらず、半年ぐらいで、声帯が再生してしまうケースもあります。そもそも老犬で、身体的に手術ができないということも珍しくはありません。

認知症の記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る