徘徊について

特に目的もなく、うろうろと歩き回る症状は、認知症のワンちゃんの特徴的なものです。最初は、一定方向によぼよぼと歩く印象ですが、次第に旋回歩行に移行していきます。この徘徊は家の外に出てしまいますと、もちろん大変ですが、室内であっても油断はできません。

円形のサークルを作る

家の中の徘徊であれば、そんなに問題はないと考えている飼い主も多いかもしれませんが、徘徊が始まっている認知症のワンちゃんはおそらく、バックする事ができなくなっていますので、変なところに入り込んでしまったり、行き止まりに行ってしまったりすると、戻ってくる事ができません。

身動きが取れなくなると、助けて欲しくて吠えるようになりますので、厄介です。だからといって、飼い主だって忙しい身。ずっと監視しているわけにもいきません。

また、排泄コントロールができなくなってきている場合は、さらに問題です。徘徊した先、色々なところに糞尿をしてきてしまいます。

このようなときには、円形のサークルをお風呂の蓋などを活用して手作りしましょう。なぜ円形なのか?といいますと、認知症の場合、旋回歩行が始まる可能性が高いからです。円形のプラスチック製であれば、円を描くようにずっとエンドレスに歩く事ができますし、ぶつかってケガをする危険性もありません。

屋外では、細心の注意をする

例えば自宅に庭であったとしても、飼い主の管理下で遊ばせるようにします。門などの施錠は、きちんと行ったうえで遊ばせるようにしましょう。

若い頃はそうではなかったとしても、耳や目や鼻の機能が低下している老犬の場合、庭でさえも、安全な場所とは言い切れない場合もあります。犬が庭を徘徊しても問題ないか、きちんとチェックしてください。

また散歩の時など、気を抜いて逃げ出したりしないように、注意しておきませんと、認知症のワンちゃんは、帰巣能力が低下していますし、事故にあってしまう可能性も高いです。そうなってしまってからでは、最悪の結果になってしまう可能性もあるだけに、きちんとリードをつけて、散歩しましょう。

また日常的には、戸締りを忘れないように習慣づけましょう。ちょっとのうっかりで、徘徊の症状があるワンちゃんが、飼い主も気がつかないうちに屋外へ出てしまったというケースを耳にします。特に、排泄を外でする習慣があるワンちゃんは、その都度外へ出たがる傾向があるので、注意しなければいけません。

認知症の記事一覧

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る