シニア期を迎える準備

愛犬がシニア期を迎えるにあたって、前もって準備しておきましょう。早いうちに準備することで心構えやアイテムを手にして、いざというとき慌てずに済みます。

まずは住環境で必要な準備について。外飼いの場合、なるべく室内飼いに変えたほうがいいでしょう。体温調整がしやすく体の負担も軽減でき、家族とコミュニケーションを取れるので認知障害の予防にもなります。

いきなり変えずに、最初は室内で遊ぶ時間を作る、室内で食事を与える、外に近い玄関や窓辺に専用スペースを作り過ごさせてみるというように、少しずつ慣れさせましょう。どうしても室内飼いがムリであれば寒暖の差に対処し、マメに声をかける、食事は室内にするなど愛犬の負担が軽くする工夫が必要です。

室内飼いの場合、フローリングやカーペットは足腰を痛める原因にもなるので、コルクカーペットやタイルカーペットなどを敷くと安心です。また、家具の角や出っ張りはクッションシートやタオルで覆っておきます。

段差がある場合にはステップやスロープを用意しましょう。市販もありますが、安定性があれば箱で代用できます。さらに愛犬の寝床や専用スペースは日光、エアコンの風が直接当たらない場所にして、夏はひんやりするシート、冬は毛布などを敷きます。洗濯ができて抜け毛がからみにくいものがオススメです。

あれば便利なアイテムも少しずつ揃えましょう

首への負担を軽くして食べやすくするため、食器を置く台があるといいですね。市販もありますが、厚紙などで手作りしたり、ダンボールや植木鉢を置く台を利用すれば大丈夫です。愛犬に合うちょうどいい高さを調整しておきます。

シニア期になり室内で排泄するようになると、天然成分でできた消臭剤やアロマオイルを入れた精製水スプレーがあれば、臭いが気になったときにサッとふけて便利です。

また、タオルや除菌ウエットティッシュ、粘着性の伸縮包帯、ペットシーツなどをひとつのボックスにまとめておくのもオススメ。何かあったとき、いちいち探す手間がない分落ちついて対処できます。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る