健康チェックも兼ねたスキンシップ

愛犬のボディケアに欠かせないのが、全身を触る健康チェックです。どこを確認したらいいのかわからないと尻込みしてしまう人もいるかもしれませんが、そんな難しく考える必要はありません。愛犬とのスキンシップタイムくらいの軽い気持ちでいいんです。

スキンシップの様々な効果

まず、普段接しているからこそわかる、「お腹が張ってる気がする」「しこりっぽいのがある」といった小さな違和感を感じることで、病気や障害の早期発見につながります。軽症のうちに治療を始めれば、その分早く治せます。

何より、普段から全身を触られることに慣れていれば治療がスムーズに行えるのも、大きなメリットです。

次に温かい手で全身を触ることで血流が促進し、筋肉のこわばりも緩和します。私たちも肩や腰など強ばった箇所を自然とさすったり、もんだりして凝りを和らげようとしますよね。それと同じです。筋肉がほぐれれば動くことも億劫じゃなくなり、代謝アップへとつながります。

そして、飼い主さんとコミュニケーションを取ることで、精神的な安定を得られます。犬も年齢がいくと肉体的な変化に伴い不安を感じやすくなり、気持ちが不安定になるもの。そんなとき愛犬の支えとなるのは、ずっと側にいる飼い主さんに他なりません。

以前とは違い、よそよそしい感じがしたり言うことを聞かなくなったということもあるかもしれませんが、いつもと変わらず優しく撫でて「大丈夫だよー」と声をかけてあげることが、愛犬の安定剤になります。

心身ともに多くの効果があるスキンシップですが、シニア期になってからやろうとしても中々うまくいきません。子犬の時から少しずつ慣らして、愛犬の年齢を問わずスキンシップを取り続けることが重要です。

老化防止の記事一覧

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る