爪、肉球のケア

犬は人間のように靴をはかないので、肉球や爪のケアも大事なボディケアのひとつです。散歩のあとはもちろんですが、ブラッシングのついでに触って異常がないかチェックすることを習慣にするのがオススメ。

爪切りなど爪ケアは出血する恐れもあるため、トリマーや獣医師など専門家にお任せしている飼い主さんも多いと思います。

飼い主さんが不安や恐怖を感じていると愛犬にも伝わり爪ケアを嫌になってしまうので、ムリに自分でやろうとしないのもひとつの方法です。とはいえ、まったくタッチしないのは考えもの。切るのはムリでも、普段のスキンシップのときに爪先までしっかり見て、触って、普段の様子を把握しておきましょう。爪のトラブルが別の病気の初期症状だったということもあるので、早期発見につながります。

また、長すぎる爪は関節に余計な負担をかけるため、シニア期になったらマメにチェックします。短かければいいというものでもないので、一度、専門家と相談してみると安心です。その際には散歩の頻度や運動量など生活習慣も話しておくといいですね。

爪ケアと同時に行いたいのが肉球ケア

肉球は衝撃を吸収するクッションだけでなく、汗によって滑り止めの役割も持つ大事な器官ですが、年齢とともに固くなり出血することもあります。元々、丈夫にできている半面、皮膚の再生能力が低いためケガをすると治りにくい場所なのです。

「もう年であんまり動きまわらないし」と放置せず、散歩や運動の後は必ずケアします。肉球の間にはさまった汚れや異物を取り除き、肉球をお湯にひたしてやわらかくしてから保湿クリームを塗ればいいので、簡単ですよね。そのときに小さくても傷を見つけたら、楽観せず病院で治療してもらいましょう。

老化防止の記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る