目、耳のケア

【老化防止:目、耳のケア】

意外と忘れがちなのが、目と耳のケアです。耳には常在菌という細菌がいて通常は特に問題ありませんが、異常繁殖すると炎症などのトラブルを引き起こします。また、目のまわりについた汚れや目ヤニを放置すると感染症の要因にもなります。

ケア方法としては気づいたときに汚れや目ヤニを取り除いたり、月に1、2回耳の汚れを専用クリーナーで掃除するくらいでOKですが、犬種によってはより丁寧なケアが必要になります。

パグやシーズー、ポメラニアン、マルチーズなど目と鼻の高さが変わらない犬種や目のまわりに毛が多い犬種は目ヤニ、涙が出やすく、目のまわりが変色する流涙症にかかりやすいといわれています。放っておくと皮膚がただれることがあるので、湿った脱脂綿でふき取ります。

ビーグルやダックスフンドなど垂れ耳の犬種は分泌液がたまりやすく、耳ダニが原因の耳かいせん、外耳炎になりやすいためマメな耳掃除が必要です。専用クリーナーを使ってやさしく掃除すればOKですが、最初は獣医師にお手本を見せてもらうと安心です。

子犬の時から始めて慣れさせることが大事ですが、嫌がってしまうのであればペットショップなどにお願いするのもひとつの手です。スタッフの方にコツを教えてもらい、徐々に自分でもケアできるようにしていきましょう。

日々のケアは清潔に保つというだけでなく、異常を察知して早期発見につなげるという意味合いもあります。

目がにごってる、目ヤニが異常に多い、耳から変な臭いがする、耳の中が赤くなる、腫れるなどいつもとは明らかに違う様子が見られる場合には何かの病気を発症している恐れがあるので、すぐ動物病院で診てもらいましょう。

老化防止の記事一覧

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る