老犬が快適に生活できる環境とは

愛犬が年を取っても快適で安全に過ごせる家には、いくつかのポイントがあります。実際の室内環境や個体差によって異なることも多いですが、共通している点を紹介しますので自身の環境を見直す際の参考に。

温度、湿度管理

風通しがよく、直射日光が当たらない場所にケージを置くというのはもちろん、体温調整がしにくくなっている愛犬のために、夏はクールマットや大理石マット、冬は毛布やクッションなど手軽に調整できるグッズを利用しましょう。

安全対策

愛犬がよくいる場所の床にコルクカーペットをひく、階段の前に侵入防止ゲートを設置する、段差にステップやスロープをつける、ぶつかりそうな角はタオルなどを巻く…という工夫で室内の危険度はかなり下がります。刃物があるキッチンや洗剤類がある浴室にもゲートをつけておくとより安心です。

専用スペースを作る

年を取ると不安になるのでリビングで過ごすことが多くなりますが、来客時や温度調整がうまくできない、落ちつかないなど静かにまどろみたいときもあります。そういうときに愛犬が自分で行ける、居心地のいいスペースを作ってあげるといいでしょう。リビングと自由に行き来できることで、自分のペースを保ちながら寂しさを感じずに過ごせます。

これらのポイントを踏まえて、愛犬と家族の生活スタイルに合った環境作りを行えば快適なものになっていきます。

ただし、実際に模様変えをするときには一度に行うのは避けましょう。犬は視力が弱くなっても匂いや記憶によって自由に動き回ることができるので、いきなり変えるとかえってケガをするリスクが上がります。家具やソファーは数センチ単位で少しずつ変えて、慣らしていけばOKです。

老化防止の記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る