病気にかかった場合の費用は?

高齢のワンちゃんを老犬ホームに預けるのですから、既に持病がある場合、認知症などを発症している場合はもちろん、預ける時点で元気だったとしても、老化特有の病気を含め、病気やケガのリスクはどんなワンちゃんでも持っています。

老犬ホームでの生活で、病気になってしまった場合の費用は、どのようになっているのでしょうか?また、病気やケガをしてしまった場合は、どのようの対処してくれるのでしょうか?

病気に対する治療費は老犬ホームによってルールが異なります

治療費に関しては、老犬ホームによって規約が違います。10万円までの治療費、もしくは一般的にかかる費用は、年会費もしくは月会費に含まれ、それ以外、手術など高額な治療費になる場合は、飼い主の方との相談で決め、その費用に関しては別途飼い主負担という老犬ホームもあれば、全て飼い主の別途負担というところもあります。

高齢になりますと、色々と治療費や薬代がかかる可能性も高いだけに、ただ、年会費・月会費だけを見るのではなく、これにどこまで含まれているのかを確認した方が良いでしょう。

手術となりますと、高額だと例えば、手術代80万円というような高額な治療費がかかる事もあります。基本的には、年間30万円~40万円の利用料のところが多いので、全ての治療費が、年会費・月会費に含まれるという施設はありません。

老犬ホームを利用するだけでも、年間かなりの金額負担がありますので、治療にかかる費用を見据えて、ペット保険などに入る事も検討されたほうが無難です。

万が一の対応

病院を受診しなければならないような状況の場合、必ず飼い主に相談するという施設もあれば、基本的にはすぐに搬送するという施設もあります。どちらにしても、緊急性が高い場合は、施設の判断ですぐに動物病院を受診するというスタイルが基本です。

ただし、老犬ホーム側の過失で、ワンちゃんがケガを負ってしまった場合などは別です。病院に緊急搬送し、施設側がきちんと処置を行うのが常識です。この場合は、治療費も通常、施設負担となります。

老犬ホーム記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 体の変化

    犬の場合、個体差および犬種差がありますが、大体7歳ぐらい…

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る