家で使っていた薬を使いたい

老犬ともなると持病があり、老犬ホームにお世話になる段階で、投薬をしているワンちゃんも珍しくないと思います。

たとえ生活の拠点が自宅から老犬ホームに変わっても、体調管理に関しては今までどおりにしてあげたいというのが飼い主の願い。今まで使っていた薬やサプリメントを、使う事はできるのでしょうか?

老犬ホーム近隣の動物病院で同じものを処方してもらう

老犬ホームには、かかりつけの動物病院が必ずあります。今までの生活や、お世話になってきた獣医師からの引継ぎをきちんと施設側と行い、それを元に、かかりつけの獣医師に同じ薬を処方してもらい、服薬させてもらいましょう。

通院でかかった費用と薬代は、飼い主負担となる事があります。

郵送する

今現在使っている、薬やサプリメントを郵送すれば、対応してくれます。ただ薬に関しては、ワンちゃんの健康状態も日々変化すると想像されますので、初期の分は飼い主が渡したとしても、その後は老犬ホーム近くの獣医師に処方してもらう方が良いかと思います。

老犬ホーム側の気持ち

老犬ホームのスタッフはみな、高齢のワンちゃんのお世話に慣れています。もちろん、投薬も上手です。

スタッフもみな、飼い主と同じ気持ちで、今までと同じ薬を飲んで、元気に過ごして欲しいと願っています。ですので、薬やサプリメントに関しては、飼い主のご意向を出来る限り叶えてくれるはずです。

老犬ホーム記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 瞳が濁ってくる

    瞳の水晶体が白濁してくるのも老化のサインで、「加齢性白内…

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • 動の変化

    この30年で、犬の平均寿命は飛躍的に延びました。近年、1…

  • 体の変化

    犬の場合、個体差および犬種差がありますが、大体7歳ぐらい…

  • 体調の変化

    ワンちゃんも、10歳ごろからはっきりとした老化現象が出て…

  • 耳が遠くなる

    飼い主さんが帰宅する音を聞き分けてお出迎えしてくれていた…

  • 顔や体の毛が白くなり薄毛になる

    犬も年を取ると、顔や体の被毛が白くなる、コシがなくなる、…

  • やたらと水を飲む

    愛犬が若い頃と比べて水をよく飲むようになったという場合、…

ページ上部へ戻る