老犬ホームの主な設備内容

老犬ホームには、ワンちゃん個々のスペース以外にも、様々な設備や施設があります。

フリースペース

室内にあるフリースペースです。広さには差があるものの、通常、室内フリースペース(室内ドッグラン)は必ずあります。一緒に生活するワンちゃんと、天候が悪い日や、暑い日寒い日でも遊べます。

屋外ドッグラン

郊外型の施設の大半には、屋外ドッグランが設けられています。都市型の老犬ホームの場合、屋外ドッグランがないところが多いようです。

毎日天気の良い日は、日中屋外ドッグランで過ごす時間を作っている老犬ホームが多いです。ワンちゃんたちが、ドッグランで遊んでいる間に、スタッフは個々のスペースや犬舎の掃除をします。

トリミングルーム

トリミングをしたり、獣医師の往診などをするお部屋を、別に用意している老犬ホームも多いです。また、ペットサロンを併設していて、トリミングの時などは、その施設を使っているところもあります。

リハビリプール

かなり稀ですが、リハビリ用のプール完備の施設もあります。水が好きなワンちゃんには、夏場の楽しみになるかもしれません。

事務室・管理棟

スタッフの、デスクワークスペースです。老犬ホームへの入所は、多くの施設が事前面接を行います。このような時は、事務室・管理棟を使用します。

万が一の事故が起こらないように、多くの老犬ホームでは、犬が生活をするスペースと、事務スペースは分離しているようです。

老犬ホーム記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る