心不全

全身に血液を送るポンプの役割をしている心臓は、人にとっても犬にとっても大事な存在です。この重要な機能が低下してうまく役割を果たせなくなることを、「心不全」といいます。

心不全にかかりやすい犬種

心不全は加齢によるもの以外にも、心臓の弁異常や腫瘍、フィラリア症などの心臓病を抱えていると発症しやすくなります。また、大型犬よりもチワワやトイプードル、シーズーなどの小型犬のほうがかかりやすいようです。

その理由としては小型犬は内臓も小さいため、中型・大型犬と比べると負担の度合いが高くなることが挙げられます。

だからといって絶対になるわけではないので、必要以上に神経質になることはありません。普段から心臓に負担をかけないよう気をつけてあげることが予防につながります。

もちろん小型犬でなくても発症する可能性はあるので、高齢になれば配慮が必要です。

左か右かで症状は違う

心臓は左心と右心にわかれており、ひとくちに心不全といってもどちらに異常があるかによって、症状が異なることをご存知でしょうか?

全身に血液を送り出す左心の機能が低下する「左心不全」では送り出される血液の量が減るため、まず左心に血液がたまります。すると、肺で酸素をもらったきれいな血液の行き場がなくなり、肺にたまってしまい呼吸器系の症状が出るのです。

具体的には、初期段階では激しい運動や興奮するとぐったりしたり、咳が出て呼吸困難になったりします。

次に軽い散歩程度の運動でも咳や呼吸がしにくくなる、さらには安静時でも呼吸困難、口を開けてあえぐように息をするという症状が見られるようになります。また、血液不足による食欲不振、下痢や便秘なども起こりえます。

全身を巡った血液を肺に送る右心の機能が低下する「右心不全」では、肺に十分な血液が送られなくなります。

しかし、全身から右心に血液が戻ってくるので、当然、右心に血液がたまってしまいます。

この場合に起こる症状としては、まずお腹や足が浮腫み、次にお腹に水がたまる腹水、胸に水がたまる胸水などが挙げられます。それ以外には、肝臓のはれや食欲不振、尿の減少、下痢、便秘なども見られます。

右心不全は左心不全に合併して起こることも多く、左右の機能が低下すると症状が安定したように見えることがあります。一見、改善したように見えるけれど、実は進行しているため、適切な処置ができなくなる可能性もあるのです。

症状に変化があった場合は素人判断をせず、必ず獣医師に相談しましょう。

気長につき合う気持ちが大切

心不全の根治は難しく、治療は長期に及びます。生涯続くことも十分あり得るため「早く治す!」と意気込むのではなく、獣医師と相談しながら病気と気長につき合っていくくらいの気持ちで臨みましょう。

主な治療としては血液のうっ滞やむくみ、肺のうっ血を改善して、心臓の機能強化をはかるのとともに、強心薬や利尿薬、血管拡張薬、呼吸を楽にする気管支拡張薬などが使われます。

日常生活においては運動制限やむやみに興奮させないようにするなど、心臓に負担をかけない配慮と水分と塩分を減らした食事療法を行います。

基本的には獣医師に処方された治療用の特別食で構いませんが、好んで食べない場合は手作り食を併せるのもオススメ。その際は、詳しい注意点を担当の獣医師に確認した上で、野菜や果物などをうまく取り入れるといいでしょう。

薬の服用に加えて、日々の生活にも細かい注意が必要になるため、不安や負担を感じることもあるでしょう。でも飼い主さんがストレスを抱えて暗い顔をしていると、それは愛犬にも伝わり症状が悪化する恐れもあります。

逆にゆったりと構えて、ストレスを解消しながら生活を送っていけば、愛犬も安心して過ごせるため心臓への負担だって減っていきます。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る