ガン治療について

ガン治療には老犬も成犬もなく、基本的な治療法は同じです。外科手術によってガン細胞を取り除く方法、抗ガン剤投与による化学・薬物療法、患部に放射線を当ててガンを取り除く放射線療法、それから鍼灸など、西洋医学に頼らない代替療法などがあります。

これらの治療法は成犬の時でも肉体的に大きな負担をかけることになります。

腫瘍の早期発見で治療も比較的簡単であるならば外科的手術や放射線治療も効果的ですが、老犬になって体力が劣っている時に手術が必要なのか、飼い主は冷静に判断する必要があります。

外科的手術をすれば体力的にもたないことも考えられますし、たとえ成功しても術後の回復が遅れることから寝たきりになる可能性もあります。

最終的な判断は飼い主しかできません。本当に犬はどの方法が喜ぶのか、よく考えてから決定をしてください。

老犬の介護:記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 瞳が濁ってくる

    瞳の水晶体が白濁してくるのも老化のサインで、「加齢性白内…

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • 動の変化

    この30年で、犬の平均寿命は飛躍的に延びました。近年、1…

  • 体の変化

    犬の場合、個体差および犬種差がありますが、大体7歳ぐらい…

  • 体調の変化

    ワンちゃんも、10歳ごろからはっきりとした老化現象が出て…

  • 耳が遠くなる

    飼い主さんが帰宅する音を聞き分けてお出迎えしてくれていた…

  • 顔や体の毛が白くなり薄毛になる

    犬も年を取ると、顔や体の被毛が白くなる、コシがなくなる、…

  • やたらと水を飲む

    愛犬が若い頃と比べて水をよく飲むようになったという場合、…

ページ上部へ戻る