老犬の便秘にオススメのサプリメント

便秘は、老犬に限らず起こりますが、身体の老化による運動不足と、腸内の善玉菌の減少により、老犬の場合は、特に便秘になりやすくなります。

便秘の対策として整腸剤を与えたり、便秘の改善に有効なサプリメントを利用する機会も多くなりますが、簡単には解消できないケースも多々あります。

便秘状態が続くと…

他の病気を併発しやすくなり、益々動くことが少なくなって悪循環になってしまうので、便秘には素早い対応をしてあげるようにしましょう。

また、老犬の場合、便秘は胃腸以外の原因で起こることが多くなります。去勢されていない雄犬では、前立腺の病気がもっとも疑われます。前立腺が大きくなると、犬は直腸が圧迫され、便の通りが悪くなります。

これも雄には多い病気ですが、会陰ヘルニアによっても便秘になります。老化によって胃腸の働きが低下したり、甲状腺機能低下症、骨盤まわりの腫瘍によっても便秘が起こりやすくなります。

また、骨などのカルシウムの与えすぎも便を固くします。若い頃から散歩のときに排便していた犬は、運動の刺激がないと便意をもよおしません。

犬の場合は、前立腺は膀胱のうしろのほうに位置し、大きくなると直腸を圧迫し、排便障害が起こります。

便秘が単に老化から起こっているものなのか、それとも、何かの病気が隠れていて、便秘になっているのかの判断には注意が必要です。

便秘の解消には乳酸菌

便秘の解消には、まず、腸内細菌の善玉菌である乳酸菌を増やしてあげることが大切

サプリメントは、乳酸菌生産物質など腸内の乳酸菌を増やしてくれるようなものを利用するといいでしょう。善玉菌が増えやすい環境を作ってあげて、お腹を温めるようにすれば、便秘解消に役立ちます。

サプリメント活用のポイント

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る