抜け毛に効果的なサプリメント

老犬に起こる抜け毛は、老化現象の一つです。この場合は、全身の毛が少し薄くなってきたり、ハリやつやがなくなり、白髪も目立つようになります。

気をつけなければいけないのが、抜け毛が局所的に目立っていたり、かゆみや皮膚の異常が見られる場合です。この時は、何かの体の異常から起こっていると考えられます。

免疫力の低下や、治療中に使用されるストロイド剤の投与などが原因になって、老犬でもニキビダニなどによる皮膚病などが見られる場合があります。その場合、全身、顔面、足先などに局所の脱毛が見られ、表面がじくじくした状態になってきます。

細菌や真菌の感染によっても、局所的な脱毛が起こります。細菌感染では、紅斑やふけをともない、真菌感染の場合は、丸い円を描くように脱毛していくのが特徴です。

体の中心線を軸に左右対称に脱毛が見られる場合は、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの疑いがあります。こうした病気は老犬で、比較的、多く見られ、全身にも症状が出てきます。

おしりから背中にかけて脱毛があり、かゆみを伴っている場合は、ノミによるアレルギーなどが疑われます。

毛の健康に必要な栄養素の補助

病気が原因で脱毛を起こしている場合は、獣医師さんの治療が必要になりますが、それと平行して、毛の健康に必要な栄養素の補助も同時に行うようにしましょう。

新しい毛が生えてくるには、多くの栄養素が必要です。栄養素が不足してくると髪の毛を生成させる材料がなくなり、生え変わってきても、細くて弱い毛になってしまいます。

栄養素の不足は、低品質の食品、栄養素の吸収不良、または内部寄生虫によって引き起こされる場合があり、栄養失調によって引き起こされる脱毛は、全身に影響を与えることが一般的です。

サプリメントは、体毛や皮膚の状態を改善するのに役立ちます。オメガ3脂肪酸やビタミンB群、ビタミンC、Eのようなサプリメントは、皮膚や体の毛に有益です。

犬の食事にこれらのサプリメントを追加すると、脱毛につながる可能性のある皮膚のトラブルを改善するのに役立ちます。

サプリメント活用のポイント

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る