目の健康にいいサプリメント

老犬になると、若い頃よりも代謝が衰えて目に運ばれる栄養が少なくなってきます。また、目の病気は活性酸素が目の細胞を傷つけることで起こる場合もあります。

目は健康のバロメーターです。体の状態が良い犬の瞳は、生き生きとしていて輝きがありますが、栄養状態が悪かったり、何かの内臓疾患にかかっていると目は輝きを失い分泌物も多くなってきます。

目が白く濁っている場合

眼球の表面が白く濁っている時には、角膜炎によることが多く、内部が濁っている時には、白内障の疑いがあります。白内障になると眼球内の水晶体の全体や一部が白く濁るようになり、症状が進行するにつれて白さが増し、視力障害を引き起こします。

老犬は、かなり高い確率で白内障を発症します。特に糖尿病の合併症からきている白内障の場合は、進行も早いので注意が必要です。

眼球の色の変化とともに痛みを伴って目が急激に腫れてきた時には、緑内障の可能性が高く、この場合は、早急な治療が必要です。

サプリメントで目の老化を遅らせる

白内障の治療は、点眼薬による治療と、手術による治療の二つがあり、最近では、手術によって改善する率もかなり高くなっていると言われています。

できれば、白内障が進行しないような工夫が必要。目に多く含まれている栄養素アントシアニンやルテインなどの栄養素や抗酸化物などを、サプリメントで補うことで、目の老化を遅らせることができます。視力が低下すると生活自体が不便になるので、早めに気づいてあげる事が大切です。

犬の性格が以前と比べて臆病になったり、横から手を出すとひどく驚くなど、行動パターンが以前と違うと感じるようになったら、加齢によって視力が低下していることが考えられるます。こうした、チョッとした変化に気づいたら早めに対処をしてあげましょう。

サプリメント活用のポイント

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る