白内障:老犬がかかりやすい病気

犬の目はほこりなどで傷つきやすく感染症を起こしやすい器官です。さらに加齢により代謝が衰えると、目に十分な栄養が運ばれないためトラブルが起きやすくなってしまいます。その中でも、特に起こりやすいのが「白内障」です。

白内障にかかりやすい犬種

瞳孔の奥にある水晶体が白く濁ってしまう白内障と目の表面が白く濁る「角膜混濁」を間違える場合がありますが、別物です。

白内障は基本的にすべての老犬がかかりやすいのですが、先天的に可能性が高いのはダックスフンドやコッカー・スパニエル、プードル、朕、レトリーバー種、ブルドッグなどが挙げられます。

白内障が起こる原因はまだ解明されていませんので、違う犬種だから安心というわけではありません。ただ、上記の犬種を飼っている場合には、普段からより注意深く見守ってあげるといいですね。

3種類の白内障

白内障とひとくちにいっても、3つに区分されています。

6才以前に起こる「若性白内障」は遺伝子が関係しているといわれており、生後数カ月~数年で発症するものや、生まれつき水晶体が濁っているものもあります。どうして起こるのかなど、詳しい原因についてはまだ不明です。

他には加齢による機能低下によって起こる「老年性白内障」と糖尿病や外傷などによる「後天性白内障」があります。

この中で最も多いのは老年性白内障で、痛みもなく進行するため発見が遅れる傾向にあります。

サインは行動と目に現れる

白内障は他の病気と異なり、呼吸がしにくい、痛そうにするといった症状がないため、早期発見が難しいといわれています。

犬は元々視力に頼って生活しているわけではないので、初期段階では行動に支障も出ません。

進行していくと、瞳孔の奥にある水晶体が白く濁り、なんでもないところでよろけたり、よく物にぶつかる、投げたボールなどを見失う、物音に敏感になるといったことが症状として現れます。

しかし、老犬の場合「年を取ったから」と思いがちなので、こうした行動と白内障が中々つながらないのです。

わかりやすいのは、目の濁りです。水晶体といってもどこなのかイマイチわからないという人もいるでしょう。目を覗き込んで黒目の奥が白く濁って見えたら、白内障を疑ったほうがいいですね。

かかりやすい犬種でなくても5、6才になったら、目と行動をよくチェックしておくと異常に早く気がつくことができます。

基本は薬物治療、手術もあり

一度濁ってしまった水晶体をキレイにすることはできないので、点眼や内服薬などで進行を抑えるのが主な治療になります。また、日常生活が困難になるほど悪化している場合には、手術で水晶体を取り出すという治療法もあります。

しかし、手術したから完治するというわけではありません。

水晶体を取り出すとピントが合わなくなるので、ものが見にくい状態になったり、網膜の萎縮が起こっていたら見えないままということもあります。手術の前には詳しい検査をして、しっかり相談をしましょう。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る