犬の老化現象と免疫の関係性

犬も老化そのものを止めることはできませんが、老化が進むスピードは遅らせることはできます。犬の老化のサインに気づいたら、若い頃とは違うやり方で世話をするようにし、老化のスピードを緩めてあげましょう。

老犬が老いてしまう状態は、行動や見た感じでハッキリとわかります。お尻の肉がついてきたり、お腹が弛む、頬の筋肉が緩んだり、体毛や髭に白いものが現れてきます。

日常生活では、散歩時に歩くスピードが遅くなったり、名前を呼んだ時の反応が鈍くなったり、ちょっとした段差でも、脚が躓いたりするようになります。

歩くスピードがゆっくりになる、名前を呼んだ時の反応が鈍い、少しの段差でつまずくようになるなどの変化が見られます。

何歳から老化現象は始まるの?

一般的には、 小型犬であれば9~13歳、中型犬で、9~11歳、 大型犬の場合は、7~10歳、超大型犬なら6~9歳になると老化現象が進むと見られています。

見た感じや行動面で、老化の兆候がみられるようになったら、体の中では、体力や免疫力などの低下も同時に起こっていると考えましょう。

免疫力が低下すると

特に免疫力が低下していると、感染症をはじめとする様々な病気になりやすくなります。そして、老化は、病気がともなっているとあっという間に進行してしまいます。

立てなくなったのを放置していたら、関節や腱がこわばって、伏せをすることもできなくなります。関節や体全体が固くなってくると、寝たきりになってしまうまでそれほど時間がかかりません。

予防的な発想、それがサプリメント

できるだけ健康な状態で、長生きさせてあげるには、予防医学的な発想を持つことが大切です。サプリメントを与えることの価値は、予防的な発想を持つ時に、特に役立ちます。

免疫力が低下した老犬は、がんや糖尿病、心臓病、腎臓障害、肝臓障害、白内障、歯周病、皮膚病、痴呆などといった病気に注意する必要があります。

獣医師による定期的な健康診断は必要です。そして、それにプラスして老化現象が現れる前にサプリメントで栄養補助を行って、老化予防の対策をしておくことも大切なことになります。

サプリメント活用のポイント

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 体の変化

    犬の場合、個体差および犬種差がありますが、大体7歳ぐらい…

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る