歯周病

老犬の8割がかかるといわれる「歯周病」は、歯肉に炎症が起こる歯肉炎と歯肉炎が進行した歯周炎の総称です。老犬までいかない3才以上の成犬においても、もっともかかりやすい病気で成犬病のひとつともいわれています。

歯周病を招きやすい環境と犬種

歯磨きを怠っていたり十分じゃないと、歯垢がたまるのは犬も人と同じ。歯垢には細菌が大量に存在するため、歯肉を刺激して炎症を引き起こすのです。

さらに犬の歯垢は3日程で固い歯石へと変わり、歯と歯肉の間にすき間を作ることで細菌の繁殖を増加させてしまいます。

そもそも犬の唾液は人間と比べてアルカリ性が強く歯石になりやすい傾向にありますが、加齢によって唾液が少なくなると口腔内の洗浄機能が低下するため、より不衛生な状況になっているのでマメなケアが必要なのです。

歯周病は口腔内のケア不足と加齢によるものが主な原因なので、基本的にはどの犬種でもかかる可能性が高いのですが、チワワやマルチーズ、シー・ズーなどの小型犬のほうがかかりやすいようです。

歯肉からの出血、口臭は注意!

歯周病の初期である歯肉炎では、歯肉が赤く腫れたり出血するなどの症状が見られます。この段階で気づいて処置すれば早く治せますが、かなり少ないようです。

実際にはもっと進行して、口臭がキツくなる、よだれの量が増える、食事に時間がかかり食べにくそうにしている、おもちゃなどをくわえなくなる、歯が縦に伸びたように見えるなどの歯周病の症状が出てから気づくことがほとんど。

さらに悪化すると、歯がグラグラする、目の下から膿が出てくる、歯が抜けるという症状が現れます。

歯周病で最も怖いのは、放置したことで歯周病菌が血流に乗って全身に広がり、心臓や肝臓などの内臓疾患を引き起こす可能性があることです。あごの骨に影響を及ぼすこともあるので、長期放置は厳禁です。

一度歯周病になると、きちんと治療しない限り再発を繰り返してしまいます。当然、悪化の一途となり、自分の歯で食事ができないという事態を招きかねません。食事の量が減ると、抵抗力も落ちてしまうので感染症などにかかる確率も高くなります。

早期発見、早期治療と予防も忘れずに

歯肉炎の段階であれば、治療はそれほど難しくありません。十分な歯磨きと歯垢や歯石、すき間にたまった膿を取り除いて、必要であれば抗生物質などを投与すれば改善します。

しかし、ある程度進行している場合には、全身麻酔が必要となる歯石を取り除くスケーリングを行うようになります。歯はなるべく残すように治療することが多いですが、目の下から膿が出るなど重症化しているときには、抜歯もあり得ます。

歯周病は予防が最も大事で、それが可能な病気です。

予防と早期発見も兼ねて、普段からブラッシングをして歯と歯肉をチェックしてあげましょう。歯磨き効果のあるガムなどを与えるのもひとつの手ですね。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る