犬にサプリメント摂らせる目的

犬の体は、毎日、摂る食べ物によって維持しています。食べ物が本来持っている栄養素を体内に摂り入れることによって、生きていくことができるわけです。

栄養素をとる目的は、大きく分けて三つに分類することができます。

一つ目は、エネルギー源になるです。心臓を動かす、呼吸をするなど体の内と外で、あらゆる箇所を動かすにはエネルギーが必要です。

エネルギーは、更なるエネルギーをつくったり、保温や運搬、新たに細胞をつくるのに使われます。体の大きな犬や活動量が多くなると、その分、消費されるエネルギーは増えます。

二つ目は、体をつくるです。犬の体、組織や器官は、細胞の集まりです。この細胞は、一定のサイクルで入れ替わっています。栄養素は、新しい細胞づくりの為の材料になります。

三つ目は、体内調節やバランスをとるです。体の中を一定の状態に安定させるためにも栄養素が必要です。恒常性を保ったり、化学反応のサポート役や栄養素の運搬などに関係しています。

老犬になってくると、これら一連の流れが次第に悪くなるわけです。栄養素が必要なのに、消化器系からの吸収が悪くなったり、血液の循環が悪くなることで、必要な栄養素が必要な組織に届きにくくなってきます。

サプリメントは、栄養補助食品です。あくまでも、不足しがちな栄養素を補うものです。栄養素は、すべてバランスを保って働いている為、どれが欠けても代謝の流れがうまくいきません。

たった一つの栄養素が、欠損してしまうだけで、犬の体全体のバランスが崩れていきます。チームワークで働くのが栄養素の特質です。

老犬であれば、尚更、サプリメントの事をよく知って、不足しがちな栄養素を補助してあげるようにしましょう。

サプリメント活用のポイント

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る