ガン(癌):老犬がかかりやすい病気

人間の病気と思われがちなガンですが、犬もかかります。食事や環境の変化により寿命が延びている昨今、人間と同じように危惧する必要がある病気だといえます。

ガンは腫瘍の一種で良性と悪性があり、悪性腫瘍をガンと呼んでいます。その判断は素人にはつかないので、心配なときには必ず獣医師に診てもらいましょう。

ガンが発生する原因と犬種

ガンの発生を抑えるガン抑制遺伝子は加齢によって働きが低下していくことがわかっています。そのため、人も犬も高齢になるとガンにかかりやすくなるのです。

犬のガン発生年齢は5、6才頃からだといわれており、そのくらいになったらマメに定期健診をして、チェックするといいですね。

ガンを引き起こす要因は、老化だけではありません。

ウイルスの感染や遺伝子、食品の中に含まれる発ガン性物質、紫外線、化学物質、ストレス、ホルモンなどなど、挙げたらキリがないほどです。

基本的にはすべての犬がガンにかかる可能性があります。しかし、毛の色や犬種によってかかりやすいガンもあるので、飼っている場合はより気をつけてあげましょう。

例えば、白い毛の犬は皮膚や粘膜を作る細胞がガン化する「扁平上皮ガン」に、黒い毛の犬は「黒色腫」という黒い腫瘍ができやすいようです。

また、免疫に関連する細胞がガン化する「肥満細胞腫」はボクサー、ボストン・テリアなど、「精巣腫瘍」はダックスフント、ヨークシャー・テリア、トイ・プードルなどに多く発症するといわれています。

犬がかかりやすいガンとサイン

ガンは皮膚や内臓、血液、骨と全身の至るところで発症する可能性があります。そのため予防するのも難しく、早期発見、早期治療がカギとなります。

犬がかかりやすいガンには、皮脂線や肛門周囲線、耳や鼻の先端などにできる皮膚ガン、乳ガン、精巣腫瘍、肝臓や腎臓、直腸などにできる腹腔腫瘍、歯茎や舌にできる口腔腫瘍、骨にできる骨腫瘍があります。

この中で乳ガン、精巣腫瘍、肛門周囲線腫瘍は去勢、避妊手術をすることで予防も可能なので、交配・出産を考えていないのであれば、適切に対処するのがオススメです。

早期発見には定期健診は欠かせませんが、日頃から愛犬の体や行動を観察することもとても大事です。いつもの状況を知っているからこそ、ささいな変化に気づくことができます。

下記のような症状や行動があった場合には、かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

  • 皮膚や口の中にできたしこり、できものが中々治らない。または大きくなっている。
  • 傷やただれが治らない。
  • ちゃんと食事をしているのに、体重が減っている。
  • 口や鼻、肛門、乳頭から出血、もしくは膿が出る。
  • 体臭、口臭がキツくなった。
  • 餌を食べにくそうにしている。食べても吐いたり、喉に詰まらせる。
  • 運動をするのを嫌がり、疲れやすい。
  • 足をひきずるなど歩き方が変。
  • 呼吸が荒い、浅いなど苦しそうにしてる。
  • 尿や便に異常がある。

治療のメインは切除手術

基本的な治療は、腫瘍を取り除く手術になります。1cm程度の初期段階であれば、広めに切除すればほとんど完治できます。

しかし、腫瘍が大きくなっていたり転移している場合には切除手術はできないため、人間と同様、放射線治療や抗ガン剤による治療を行います。発見が遅れればその分、治療が難しく長期化するので、早期発見が最重要課題なのです。

ガンにかかった犬の食事で大事なのは、免疫を強化することです。

病状によって食事制限などがある場合には獣医師と相談する必要がありますが、ドッグフードでは補いにくいビタミン、酵素、善玉菌を摂取できる手作り食も取り入れてみましょう。

ただし、炭水化物には要注意! ガン細胞のエネルギー源となってしまうので、炭水化物は減らします。

あくまで治療に悪影響が出ない範囲に限りますが、手作り食で愛犬の食べやすいものを取り入れることで、栄養摂取にもつながります。ガンと戦うには体力をつけなくてはいけません。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る