腰・背骨が曲がってくる

高齢になり腰が曲がっている姿は、二足歩行である私たち人間に起こりやすい老化現象のひとつです。これは犬にも起こりうることで、人間のように折れ曲がるほどわかりやすくはないにしろ、腰や背中の湾曲、歪んでしまう「変形性脊椎症」になります。

こうした湾曲、歪みは加齢によって関節をつないでいる椎間板の水分が少なくなることが原因だといわれています。クッション性が失われるため、椎間板の間が狭くなり歪んでしまうわけです。

さらに、背骨や腰骨が不安定になるため神経を圧迫し痛みを生じます。悪化すると少しずつしか歩けない、立てない、排泄がうまくできないといった症状を起こすため、早期治療が欠かせません。

「変形性脊椎症」は老化以外にも、先天性の異常や椎間板の病気、慢性的な炎症などの原因でも起こるため、まずは病院で診察してもらうことが先決です。

どんな対策が必要?

対策としては、ムリな運動はさせず、血行促進のため温めたりやさしくマッサージをすること。ただし、痛みや炎症が起こっている場合は冷却が必要なので、必ず獣医師と相談のうえ行いましょう。

また、予防や症状軽減として関節の活動能力アップ、軟骨を守る、活性酸素の抑制効果があるグルコサミン、コエンザイムQ10などのサプリメントを摂取するのもオススメです。

老化サインの記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る