歯石がたまり口臭が強くなる

愛犬の歯が変色していたり、口臭を強く感じるのは老化のサインだと考えられます。私達人間からすると、犬の歯はとても丈夫で衰えることなんてなさそうに見えますが、そんなことはありません。

老化によって歯ぐきや歯を支える骨、歯そのものも弱くなるため、噛む力が低下します。

雑菌が増えていく

噛むことはただ食べるためだけでなく、だ液の分泌を促進することによって口の中の雑菌を抑えるという大事な働きがあるのです。雑菌が増えれば、その塊ともいえる歯石がたまって口臭や歯周病を引き起こします。

歯石はいわば毒素なので、侮っていると歯周病によって歯が抜け落ちたり、毒素を吸収した血液が全身に巡ることで心臓や腎臓など他の器官に悪影響を及ぼす恐れもあります。

元々肉食動物である犬の歯は細かく噛み砕くためではなく、食べ物を引き裂いて飲み込むためのものなので、例え歯が抜けたとしても人間ほどの不自由さはないといわれています。むしろ、歯周病が他の病気を招いてしまうことが問題です。

歯周病対策

対策としては歯磨きや定期的な歯石除去などのデンタルケアを欠かさないことと、適度に噛んで食べるものを与えることです。噛む力を維持するためですが、固すぎるものは歯への負担が大きいので禁物です。どういうものがいいのかは歯の状態によるので、かかりつけの獣医師と相談してみましょう。

飼い主さんによる歯磨きが習慣化されている場合は、ついでに歯肉マッサージをするのも血行促進になってオススメです。自宅で歯磨きをするのは難しい場合には病院やペットショップなどにお願いしたり、スプレーして雑菌の繁殖を抑える液体歯磨きを利用するのもひとつの手です。

老化サインの記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る