椎間板ヘルニア:老犬がかかりやすい病気

椎間板ヘルニアは、人だけでなく犬にも起こります。

背骨を構成している椎骨と椎骨の間にある軟骨・椎間板の内容物が、はみ出してしまった状態を「椎間板ヘルニア」といいます。

椎間板ヘルニアになりやすい犬種

椎間板ヘルニアになる原因は、加齢のより起こる椎間板の変形やズレ、事故、激しい運動、肥満などが考えられています。

ダックスフンド、コーギー、シー・ズー、パグ、アメリカンコッカー・スパニエルなどの犬種は発症しやすいので、特に注意してあげましょう。

もちろん、これらの犬種だけがかかるわけではありません。どの犬種でも発症するリスクはありますので、年齢に合わせた適度な食事と運動を管理してあげることが大切です。

麻痺症状が病気のサイン

背骨の上には脊髄という運動機能を支配する神経が走っており、飛び出した椎間板の内容物がどこを圧迫しているかによって症状が異なります。

初期では患部に痛みを感じるため、触られるのを嫌がったりします。ほかに歩くとふらつく、前足が動かないなどの麻痺症状やうまく排尿ができないといった排泄障害が現れることもあります。

重症化する前に治療をすれば治ることが多いですが、神経細胞が壊死してしまうと難しくなります。

立ち上がるのに時間がかかる、歩き方がおかしい、動くのを嫌がるなど少しでも異変を感じたら「もう年だから」と決めつけず、獣医師に相談することが先決です。

進行度合いで違う治療法

軽症で脊髄圧迫が少ない場合には、副腎皮質ホルモンや抗炎症薬などの内科的治療で緩和させることが可能です。

しかし、重症な場合は脊髄を圧迫している椎間板を取り出す手術が必要になります。

外科的治療が困難なときには、飛び出した椎間板を溶かす酵素剤を注入することもできますが、どちらにしても普通に運動できるようになるまで最低でも数カ月はかかります。

術後はマッサージやゆっくりとした運動、温浴、指圧などのリハビリを行うことで、回復を早める効果が期待できます。しかし、自己判断で行うのは厳禁。

病状が進んでしまった場合、手術にするのか否か、術後のケアはどうしたらいいのかなど、詳細な診断と相談をしてから決めましょう。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る