糖尿病:老犬がかかりやすい病気

血液中のブドウ糖をうまく活用できなくなるのが「糖尿病」です。犬が糖尿病?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実は老犬の病気としてメジャーなのです。

2種類の糖尿病と犬種

食事で摂取したブドウ糖をエネルギーとして使うには、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが欠かせません。

このインスリンが分泌されなかったり、効き目が弱くなると、ブドウ糖が処理されず血液中に残ったままになってしまいます。過剰なブドウ糖が尿として排出されるのが、糖尿病です。

糖尿病は大きく2つに区分されます。

まずは「インスリン依存性糖尿病」で、インスリンが分泌されないことで起こります。発症する原因は遺伝要因や肥満、ウイルス感染、老化によるものなどが考えられていますが、まだはっきりしたことはわかっていません。

もうひとつは「インスリン非依存性糖尿病」で、インスリンは分泌されていても効果が弱いために起こります。避妊手術していないメス犬がかかりやすいといわれています。

犬の糖尿病として一般的なのはインスリン依存性の方で、トイ・プードル、ダックスフンド、マルチーズ、レトリーバー種、ジャーマン・シェパードなどの犬種がかかりやすく、7~10才くらいでの発症が目立ちます。

小型犬のメスを飼っている場合、出産を望んでいない限りは予防のために避妊手術を考えた方がいいでしょう。

静かに進行する、糖尿病の恐ろしさ

糖尿病は痛みを伴うような激しい症状はほとんど見られないため、気づいたときにはかなり進行していたということになりがちです。以下のような症状が見られたときには、放置せず動物病院で検査を受けましょう。

  • 尿の量が増えた
  • たくさん水を飲むようになった
  • 食欲があって、たくさん食べるのに体重は減った

これは糖尿病の初期段階で現れる症状です。早いうちであれば食事療法や運動で血糖値をコントールすることで、糖尿病の弊害を抑えられます。

しかし、進行してしまうと様々な障害が合併症として現れます。

食欲不振や衰弱、嘔吐が見られるようになり、白内障、腎不全、再発性皮膚炎、膀胱炎などを発症します。末期になると、昏睡状態となり命を落とす危険もあるのです。

糖尿病が恐ろしいのは、最初は無症状で進行していき様々な合併症を引き起こすところ。軽症のうちは痛みや吐き気、麻痺といったわかりやすい症状が出ないため、見落としてしまいがちです。

予防と早期発見が最大のポイント

血糖値をコントロールできないくらいにまで進行してしまうと、インスリン注射をし続けるしかありません。注射と平行して、肥満改善や感染症の治療などを行って注射の効果を強めるようにします。もちろん、食事療法や適切な運動も必要です。

治療は生涯にわたって続くので、愛犬だけでなく飼い主もかなりの負担になりますが、うまくつき合いながら長生きする犬も多いので、あきらめないことです。

そうならないためには、何よりも予防が大事。

日頃から食べすぎと運動不足に注意をして、適正な体重をキープすること。食事内容も吸収速度の違う炭水化物を混ぜたものや食物繊維を豊富に含むものを与えるなど、年齢によって変える必要があります。

今は犬種や年齢に合わせたドッグフードがあるので、獣医師と相談して取り入れるのも手です。

そして早期発見するためには、6、7才になったら定期的に血液検査をしたり、普段、飲む水や尿の量を意識的にチェックしましょう。

正常な状態を知っていれば、ちょっとの変化でも「いつもと違う」と疑問に感じることができます。それが早期発見、早期治療の第一歩なのです。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る