ウンチの変化

老化に伴って、排便障害が起こるケースがあります。

痴呆症状によるお漏らし

犬も人間と同じように、痴呆症状が出るケースがあります。大体、12歳ぐらいのワンちゃんから、痴呆の症状が見られるようになります。痴呆が始まると、覚えたトイレのしつけを忘れてしまったり、ウンチを所かまわずしてしまったりという問題が起こります。

このような場合は、オムツを使うことになります。オムツは衛生面が大変です。被毛が長い犬種であれば、お尻周りの被毛を短くカットし、排便後すぐにお尻を綺麗にしてあげましょう。痴呆は、全ての犬に起こる事ではありませんが、この30年で、犬の平均寿命は飛躍的に延び、長寿のワンちゃんが多いだけに、無視できない老化現象です。

寝たきり・排便が出来ない

自分で動けなくなってしまったワンちゃんは、排泄を自分では出来なくなってしまいます。また、寝たきりにならなくても、脳からの神経伝達がスムーズに行かなくなることで、自発的な排便が困難になってしまうワンちゃんがいます。

オムツなどを使う、もしくは飼い主が定期的に、トイレに連れて行ってあげるなどのケアが必要になります。強制排便といって、ウンチを指でかき出したり、肛門周囲に刺激を与えて排便の促す必要があるケースもあります。強制排便が難しい場合は、動物病院で浣腸をしてもらう手段もあります。

老化サインの記事一覧

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 耳が遠くなる

    飼い主さんが帰宅する音を聞き分けてお出迎えしてくれていた…

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る