カテゴリー:犬の老化防止

  • 瞳が濁ってくる

    瞳の水晶体が白濁してくるのも老化のサインで、「加齢性白内障」と呼ばれており、人間でも高齢になると発症することが多い病気です。 老化により水晶体のタンパク質が変質しやすくなるこ…

    詳細を見る
  • 子犬と同居させる

    認知障害の予防に必要なのは適度な運動と刺激です。すべてを飼い主さんが背負うのは負担が大きく、せっかくの愛犬との暮らしが楽しく感じられなくなってしまう事態にも。そうした気持ちが伝わり…

    詳細を見る
  • DHA、EPAを摂取

    認知障害を確実に予防できる方法はわかっていませんが、食生活が深く関係しているといわれています。シニア期にさしかかったら、積極的に摂取したい栄養素があります。 それがDHAとE…

    詳細を見る
  • 散歩で刺激をプラス

    前みたいに動けないから散歩にはほとんど行かない、行ってもトイレだけ…という人も少なくないでしょう。確かに成犬期と同じというのはムリですが、シニアになっても散歩は大切です。 で…

    詳細を見る
  • 目、耳のケア

    【老化防止:目、耳のケア】 意外と忘れがちなのが、目と耳のケアです。耳には常在菌という細菌がいて通常は特に問題ありませんが、異常繁殖すると炎症などのトラブルを引き起こします。…

    詳細を見る
  • 爪、肉球のケア

    犬は人間のように靴をはかないので、肉球や爪のケアも大事なボディケアのひとつです。散歩のあとはもちろんですが、ブラッシングのついでに触って異常がないかチェックすることを習慣にするのが…

    詳細を見る
  • こまめな歯磨きで口腔内ケア

    口腔内のトラブルも加齢によって増えていきます。元々、犬は虫歯になりにくい環境ではありますが、デンプンを多く含んだドッグフードや柔らかい食べ物ばかりを与えていると、口内炎だけでなく虫…

    詳細を見る
  • こまめなブラッシングで健康チェック

    ブラッシングには清潔に保つというだけでなく、犬の被毛の状態によって異常がないか確認する面もあります。また、ブラシで全身をとかすことで血行がよくなり、毛づやもよくなります。 ス…

    詳細を見る
  • 健康チェックも兼ねたスキンシップ

    愛犬のボディケアに欠かせないのが、全身を触る健康チェックです。どこを確認したらいいのかわからないと尻込みしてしまう人もいるかもしれませんが、そんな難しく考える必要はありません。愛犬…

    詳細を見る
  • 室内遊びを一緒に楽しむ

    老化防止に散歩がいいのはわかっていても、天気や時間が取れない、愛犬の調子によっては行けない日が続くことがあります。仕方ないと運動を諦めてしまうのではなく、室内で一緒に遊ぶようにしま…

    詳細を見る

ピックアップ記事

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る