カテゴリー:老化のサイン

  • 顔や体の毛が白くなり薄毛になる

    犬も年を取ると、顔や体の被毛が白くなる、コシがなくなる、量が減り地肌がうっすら見えてくることがあります。人間も若い頃と比べると、白髪が増える、毛髪が細くなる、抜け毛が増えたりします…

    詳細を見る
  • リンパが腫れてくる

    顎の下や脇の下、膝裏など体表面にあるリンパ節が腫れる「リンパ腫」も高齢犬に見られるものですが、軽視は禁物です。老化に伴い免疫力が低下するため、ガンの発生率が高まります。 しか…

    詳細を見る
  • 腰・背骨が曲がってくる

    高齢になり腰が曲がっている姿は、二足歩行である私たち人間に起こりやすい老化現象のひとつです。これは犬にも起こりうることで、人間のように折れ曲がるほどわかりやすくはないにしろ、腰や背…

    詳細を見る
  • 骨が目立ってくる

    犬の老化を示すサインとして、骨が目立つようになるということがあります。特に大きな背骨や肋骨、肩甲骨などに見られるようです。 これは加齢による筋肉の衰えや肌の弾力低下が原因で、…

    詳細を見る
  • 体の変化

    犬の場合、個体差および犬種差がありますが、大体7歳ぐらいで老化の兆しが見え始め、10歳を過ぎると、顕著な老化現象が始まります。犬の7歳といえば人間の40代、犬の10歳といえば、人間…

    詳細を見る
  • 体調の変化

    ワンちゃんも、10歳ごろからはっきりとした老化現象が出てくるようになり、日常的な体調的にも、若い頃とは違う様子が見られるようになります。 消化器系機能の低下 消化酵素の…

    詳細を見る
  • 動の変化

    この30年で、犬の平均寿命は飛躍的に延びました。近年、10歳未満でお亡くなりになるワンちゃんは大変少なく、多くのワンちゃんが10歳以上まで生きる、言わば「長寿犬」となっています。 …

    詳細を見る
  • オシッコの変化

    犬は老化に伴って、排尿に問題が生じるケースがあります。ここでは、排尿に関しての変化を、ご説明していきます。 身体の機能低下に伴う排尿障害 もともと、きちんとしつけが出来…

    詳細を見る
  • 食欲の変化

    人間も歳を取ると、若い頃と同じように食べられなくなったり、食への好みが変わったりします。犬も同様で、食欲が低下したり、味覚が変化したりするものです。 食の好みの変化 ず…

    詳細を見る
  • ウンチの変化

    老化に伴って、排便障害が起こるケースがあります。 痴呆症状によるお漏らし 犬も人間と同じように、痴呆症状が出るケースがあります。大体、12歳ぐらいのワンちゃんから、痴呆…

    詳細を見る

ピックアップ記事

  • ウンチの変化

    老化に伴って、排便障害が起こるケースがあります。 …

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る