愛犬が迷子になったらどうする

olddog64

大切に飼っている犬が迷子になったら…想像すらしたくありませんよね。

しかし”私の犬に限って”と思うのは早計です。いつ、どこで、何が起こるかはわかりません。まさかという言葉があるとおり、思いもしない自体は起こるものです。

昔のCMで、「まさかの為に○○火災」というのがありましたが、まさかの時のために、愛犬が迷子になったら、どうしたらいいのかを事前にある程度知っておくといいです。

最近では、多くの研究によって犬にも感情があることが知られていますが、迷子になったからといって、表現はできませんよね。

いくら可愛がっていても、言葉は通じませんし、人の感覚とは違います。将来、犬の言葉の翻訳機などが出てくると、迷子になった時に、近くの人が事情を聞けるなどといった事もあるのでしょうが、まだまだ、先になりそうですしね?

事前にイメージする事の大切さ

迷子になった時には、想定される多くの事を事前にイメージできると行動をおこしやすくなります。迅速な行動で、事故にあったり、命を失うといった最悪の自体を事前に避けることもできます。

それに愛犬の性格なども知っておくといいですね。臆病な性格の犬であれば、迷子になった時などは、他人には寄っていかないので、事故にあいやすかったりするものです。

もし、犬の首に狂犬病予防接種済み票や迷子札などが装着しないとすれば、無事に戻ってくる可能性は低くなってしまうようで、こういうことも前もって知っておく必要があります。

街中をウロウロしている犬を見て、保健所などに報告してしまう人もいますので、迷子犬になった場合には、速やかに行動に移していく事が大切です。

そうでないと、処分の期限が来てしまい、大切な愛犬が、命をなくしてしまう事も考えられます。できるだけ早く、想定できる手をうつようにすることが大切です。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る